M5StickC UIFlow V1.5.3更新差分調査 その1 モジュールの差異

概要

1.5.3がリリースされたので、差分を調べてみました。変更点が多いので、すべては把握できていません。モジュールの差異のみまずは調べました。

追加モジュール

  • __main__
  • _boot
  • _cloud
  • _deviceCfg
  • _env2
  • _uasyncio
  • _webrepl
  • apa106
  • button
  • deviceCfg
  • flashbdev
  • framebuf
  • hardware
  • inisetup
  • m5cloud
  • ntptime
  • uarray
  • utils
  • wifiCfg
  • wifiWebCfg

変更点がわかるのは書き出します。

__main__

個別にあったモジュールが__main__モジュール以下に移動しています。内部にはAxp192クラス、Bm8563クラス、M5Ledクラスがありました。

hardware

hwからの名称変更みたいです。

削除モジュール

  • app_manage
  • axp192
  • bm8563
  • flowSetup
  • lidar
  • logging
  • m5base
  • m5ucloud
  • microWebSocket
  • microWebSrv
  • microWebTemplate
  • mlx90640
  • modules
  • peripheral
  • statechoose
  • upip
  • upip_utarfile
  • wave

上記が削除されていました。

  • errno
  • json
  • random
  • select
  • ssl

このへんはいるけれど読み込むとおかしな動きになるような?

もうちょっと検証してみます。

まとめ

今回のバージョンアップはベースのMicro Pythonが1.11から1.12に変更になっています。それに伴いかなり大幅に変更されていました。

ちなみに_flowモジュールも増えていますが読み込むとUIFlowが壊れますので読み込まないでください、、、

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

管理者承認後にページに追加されます。公開されたくない相談はその旨本文に記載するかTwitterなどでDM投げてください。またスパム対策として、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。