Digi-Keyで注文してみた

概要

日本で取り扱っていないボードがほしかったのでDigi-Keyで注文してみました。

Digi-Keyとは?

アメリカとカナダの間ぐらいにある電子部品のディストリビュータです。ある程度在庫を持っているので、アメリカからですが比較的早く到着することができます。

アカウント登録

これは事前に行っておいたほうがいいと思います。どうやら入力した住所とかをDigi-Keyの人がみて、確認後に修正しているようです。

登録直後に注文しても大丈夫だとは思いますが、早くものがほしい場合には事前にアカウント登録までを行ったほうがよさそうです。

送料について

6000円以上で送料無料になります。6000円未満の場合には2000円ぐらいの送料がかかるので6000円以上にするか、安いものだけの場合にはマルツ経由で購入したほうが安くなると思います。

在庫について

在庫切れしている商品が含まれている場合には、在庫ありだけ発送されて、残りは在庫切れ商品がすべて揃った段階で発送がされます。複数種類の在庫切れが入っている場合には、すべて揃うまで時間がかかるので注意する必要がありそうです。

送料は6000円以上であれば2個口にわかれても無料みたいです。

発送について

  • FedEx
  • UPS

私が注文したときには上記の2つが選べました。とりあえずUPSにしてみましたが、よく違いはわかりません。

注文から配達まで

  • 5月28日(木) 21:51 注文
  • 5月29日(金) 00:22 発送
  • 5月31日(日) 09:24 日本到着
  • 6月01日(月) 12:13 配達

私の場合には、上記で配達されました。土日を含むと若干スケジュールが変わると思いますが非常に早いですね。

秋月さんだと今は混んでいるので、これより時間かかる可能性もあります。。。

まとめ

購入したものについては、後ほどブログで紹介したいと思います。ほぼ同じようなサイトであるMouserにも興味があります。ちょっと取り扱い商品や在庫が違うのでものによっては使い分けたほうが良さそうです。

Wio TerminalとかはまだMouserにしかないのかな?

M5Stack ATOMとかは逆にDigi-Keyにしかなかったです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

管理者承認後にページに追加されます。公開されたくない相談はその旨本文に記載するかTwitterなどでDM投げてください。またスパム対策として、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。