記事一覧

概要 上記のユニットが日本でも販売されました。ちょっと前に入手していましたが、触ってみました。こちら1.56ドルのものがスイッチサイエンスさんだと209円で販売と、一個あたりの利益が不安になる商品となって ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ESP32の販売をしているEspressif社純正のJTAGボードのESP-PROGを紹介します。 ESP-PROGとは? 中身は単なるFT2232HLが載ったボードです ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 日本未発売のユニットであるウエイトユニットを使ってみました。 商品 $3.39ですので400円弱の商品になります。おそらく日本未発売。これを使うためにはロードセルと呼ばれる部品が必要になります。代表的なのが上の写真の真ん中の部品と、4つセットで使う左側の部品です。
/ 電子工作
概要 Espressif社の新製品であるESP32-DevKitSとESP32-DevKitS-RをDigi-Keyで購入したので紹介したいと思います。 結構レアな商品で、DevKitの一覧にはいません。Flashing Boardsという扱いみたいです。今年の1月に発売されていました。 ESP32-DevKitSとESP32-DevKitS-Rは基板共通で端子だけ違うみたいですね。最近はこのF型 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 日本未発売のユニットである3軸加速度センサーを使ってみました。 商品 上記の商品です。300円弱(2.5ドル)で購入できるのですが、なぜか日本では販売されていません。まあ、加速度内蔵しているコアが多いですもんね。 UIFlowでの使い方 ユニットでACCELを追加するこ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 LILYGO® TTGO T-Watchを調べる 上記で気になっていたT-Watchですが、技適付きと確認できたモデルが販売されていたので購入してみました。 商品 購入したのは上記の商品でセール時に買ったので、送料込みで3,358円でした。今だ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 Interfaceに一本記事をのせてもらいました。 詳細は雑誌を参照してください(笑) TensorFlow Lite for Microcontrollersとは? 上記のもので、マイコン向けに簡略化された機械学習プラットフォームのTensorFlowです。 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 Laser Tx/Rx Unitをさわってみました。日本未発売です。レーザーを利用して通信を行うことができます。サンプルスケッチでは9600bpsでUART通信をしていました。 レーザーの問題点 このユニットは法律の関係で日本販売していない可能性があります。おもちゃのレーザーポインタで失明などの事故が昔におこり、現在いろいろ規制がかかっています。
/ 電子工作
概要 アプリランチャーっぽいものをSDカードのないM5StickCでできるか検討したところ、Web経由のOTAが楽そうと思い、実験してみました。 OTAとは? Over The Airの略で、無線経由でなにかをアップデートすることをいいますが、無線以外の場合もOTAと表す場合があります。 ESP32の場合には、ESP32からファームウエアをSDカードやHTTP経由でダウンロードすることの他に、ES ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 日本未発売のATOM向けプロトキットの紹介をしたいと思います。 ATOMIC Proto Kit 一般的なプロトキットとしては、こちらを利用することになると思います。この形のケースは全部ATOMICシリーズでこれはプロトキットです ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 現在日本未発売のENV IIユニットを入手したので、使ってみたいと思います。これまで販売されていたENVユニットが廃盤となり、センサー部分が変更されたENV IIが発売されました。 もうしばらくしたら日本でも販売されると思います。 情報
/ 電子工作
概要 ATOMシリーズでのI2C利用を確認してみました。とくにEchoではピンでのI2Cができないと記述されていたので検証してみました。 結果 ちょっと前にブログで使ったI2C接続の画面があったので、接続してみました。ちょうどピンの配置的にそのままさせました! EchoのGPIO25、21でもI2Cは使えますね。ただし販売ページには使えないと書いてあるので、使わないほうが無難だと思います。 スピー ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ATOMシリーズのGPIOを比較してみました。 一覧 PIN接続I/Oアナログ入力アナログ出力タッチATOM LiteATOM MatrixATOM Echo3V3PIN----G22PINI/O---DataOutG19PINI/O---BCLKG23PINI/O- ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5Stack ATOM EchoにWaveファイルを埋め込んで再生する 前回は小さめのWaveファイルをプログラムのフラッシュに埋め込みました。今回はもう少し大きなファイルを保存できるSPIFFSにmp3ファイルを保存してみたいと思います。 注意点 mp3再生はちょっと間違えると雑音が鳴ります。そしてATOM Echoの初期ロットは音声のアンプに比べてスピーカーが弱 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ATOM Echoにフリー素材のmp3音声を利用して、Waveファイルに変換して、スケッチに埋め込んで再生する手順を解説します。 音素材 効果音ラボさんのデータを利用させていただきました。音声はどんなものでも構いませんが、埋め込む関係でファイルサイズに上限があり ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ESP32のI2Sマイク研究 その1 基礎 前回は基礎的な話をしたので、実際に端末ごとに調整したパラメータを紹介したいと思います。 M5Stack Fire(アナログマイク) #include <M5Stack.h> #include <driver/i2s.h> #define I2S_NUM I2S_NUM_0 #define ADC_INPUT ADC1_GPI ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ESP32でI2S経由でマイクを使う場合のポイントを調べてみました。 I2Sとは? Inter-IC Soundの略で、本当はI2Sと上付きになるはずです。IC間でサウンドデータを通信するための仕様ですが、ESP32の場合にはちょっと違う意味合いがあります。 定期的にデータを送ったり、受け取ったりする動作もI2Sとよんでいますので、サウンド以外のデータも送受信できますし、I2S以外のプロトコ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 スイッチサイエンスから購入したATOM Echoが来たのでちょっと、触ってみたいと思います。 ATOM Echoとは? ATOMシリーズ3つ目のコアです。既存のATOMにマイクとスピーカーを内蔵しています。そのため既存ピンが使えなくなっているので注意が必要です。 外見 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5Stack社のATOMが日本で発売されてから2ヶ月程度経過していますが、初ATOMを入手しましたので、紹介したいと思います。 ATOM 2D/1D Barcode Scanner Kitとは? 日本未発売のバーコードリーダーが搭載され ...
続きを読む
/ 電子工作
現時点の情報です。最新情報はM5StickC非公式日本語リファレンスを確認してみてください。 概要 GitHub上にIRQ通知ができないというIssueが作られ、それに答える形で公式スケッチが追加されましたので、中身を確認したいと思います。 スケッチ例(GitHub) #include "M5StickC.h" static void clear_mpu6880 ...
続きを読む
/ 電子工作