記事一覧

概要 M5Stack Core2は通常のESP32 for Arduino環境ではなく、M5Stack独自のArduino環境を準備しています。こちらの環境差異を調べてみました。 ESP32 for Arduinoとは
  • https://raw.githubusercontent.com/espressif/arduino-esp32/gh-pages/package_esp32_ind ...
    続きを読む
/ 電子工作
概要 M5Stack Core2で利用できるGPIOを調べてみました。Grove端子とM-BUS端子になります。 M-BUS端子 ざっくりと、上記の区分になっています。通常は蓋がついているので、アクセスすることができません。CORE2と書いてあるところを外すと 蓋を外すのは、なるべく細いマイナスドライバーなどを左右から隙間にいれて、ゆっくりと上に持ち上げます。 取り外すと上記の状態になります。おそ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ESP32-CAMを触ってみたかったのですが、技適対応モジュールがなかったので触れていませんでした。やっと技適対応モジュールのESP32-CAMを見つけたので購入してみました。 ESP32-CAMとは? ESP32にカメラとSDカードが搭載されているシンプルなボ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 タッチパネルまわりのフィードバックや、動作確認をしてみました。ボタンは何らかのフィードバックがないと、やっぱり使いにくいと思います。 公式スケッチ例 上記がスケッチ例になります。ちょっと微妙なので、こ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ESP32でgetPinMode()相当を作る 前回ピンの方法を取得しましたが、I2Cなどが設定されているかがわかりませんでした。今回もうすこし深いところのレジスタを取得して、どんな用途で利用されているのかも表示できるようにしてみました。 ESP32のGPIOの仕組み GPIOは0から39までの40個あり、34から39までは入力専用になります。また、24と28から31までは利用す ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 LTEモジュール搭載可能なESP32のTTGO T-PCIEがやっと届いたので、紹介したいと思います。この商品はPCIEソケットを採用しているため、LTEモジュールを差し替えて利用することができます。発売当初に、日本の技適付きモジュールも発売してほしいとリクエストしたところ、公式サイトの人が検証して追加してくれました! 商品
/ 電子工作
概要 ESP32はpinMode()でINPUTやOUTPUTの状態を設定しますが、取得することができません。なので、ESP32 Technical Reference Manualを確認しながらレジスタから取得してみました。 仕組み ESP32の低レベルGPIOアクセス その2 pinMode() 過去にpinMode()で何をしているのかを調べました。これを元にレジスタ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5StackAuto : M5StickC, M5StickC Plus, M5Stack, M5ATOMを単独ソースで開発する 上記でM5シリーズをワンソース、ワンバイナリで動かすライブラリを作っていました。しかしながらいろいろ互換性とかを考えると難しいので、互換性をある程度捨てて開発しやすいフレームワーク的なライブラリにしたいと思います。 コンセプト
/ 電子工作
概要 M5Stack Core2が発売されました M5Stack Core2が発売されて、AXP192まわりを調査したのでかんたんにまとめたいと思います。 接続 種別端子M5Stack Core2M5StickC入力ACINUSB5V IN入力VBUS5VUSB出力LDO1RTCRTC出力LDO2LCD PWRTFT出力LDO3Vibr ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5StickCを簡易オシロスコープにする その1 事前調査(ADC) 前回は事前調査としてADCの速度を調べました。今回は直接はオシロスコープには関係ないですがDACの速度も調べてみたいと思います。高速で動くのであればDDSにもなりそうですね。 スケッチ #include <driver/i2s.h> #define SAMPLING_RATE (16000) // サン ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5Stack社のタッチパネル付きの新型Core2が発売されました。最 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5StickCのIMU(AHRS)研究 その3 ENVハット M5StickC内蔵の6軸IMU+ENVハットの磁気HATだとうまくデータが取得できませんでした。そのため、確実に動作すると思われる9軸IMUを何種類か確認して、データの確認をしてみたいと思います。 商品 こちらはセンサー自体が高 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5StickC(無印+Plus)を簡易テスターにする 導通チェッカーと、20ミリ秒間隔(50Hz)サンプリングでの簡易テスターを作成してみました。今回はもう少し早いサンプリングレートでの簡易オシロスコープに調整してみたいと思います。 基準信号作成(AD9833) 手元にあったDDS信号発生器モジュールを使って、基準となる信号を発生させたいと思います。このモジュールは中国から買え ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 低予算でのオシロスコープ・ロジックアナライザーの選び方(2020年8月) 上記からの派生記事です。現状ZEROPLUSが廃番になりそうなので、比較的新しいDSLogic Plusも紹介したいと思います。 商品
/ 電子工作
概要 M5StickCを使って、導通確認と電圧測定だけができる簡易テスターを作ってみました。ワンバイナリで無印+Plusの両対応になります。 作成物(GitHub) #include <M5StackAuto.h> const int inputBeepPin = 26; const int inputAnalogPin = 36; hw_timer_t *timer; Queu ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5StickCのIMU(AHRS)研究 その2 パラメータ調整 前回はパラメータを調整してみましたが、今回はENVハットのBMM150を使って磁気センサーを使ってみたいと思います。これを使えば電子コンパス的に方角がわかるはず、、、 ただ、あまり評判よくないんだよね、、、 サンプルスケッチ スケッチ例のENVを動かしてみました。静止している状態で方角だけ出力したデータになります。 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 低予算でのオシロスコープ・ロジックアナライザーの選び方(2020年8月) 上記からの派生記事です。今回は低価格帯のUSBオシロスコープの紹介です。 LOTO Instrumentsとは? 上記が公式サイトみたいです。 上記が公式サイトで提供されている画像ファイルですが、見たことがあったのですがちょ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5StickCのIMU(AHRS)研究 その1 標準ライブラリ 前回は公式ライブラリをどうにか補正しようとしたが、できないことがわかった。そこで内部の処理を確認して、もう少し手前の段階で補正やパラメータ変更をしてみたいと思います。 現状の動作 #include <M5StickC.h> void setup() { M5.begin(); M5.IMU.Init(); S ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ZEROPLUS LAP-C(16032)を他のロジックアナライザと比べながら使ってみました。 商品
  • ZEROPLUSロジックアナライザ(ロジック キューブ)[32kビット16ch100M]LAP-C(16032)(秋月電子)
※現在ページが消えています こちらの商品になります。定番のロジックアナライザですが、流石に10年以上前の発売なのでちょっと古くなっ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5StikCのIMUを使った姿勢測定のAHRSを研究してみました。過去はオフセットがひどかったのでちょっとしか使ったことがなかったのですが、オフセットの補正なども研究しました。 標準スケッチ #include <M5StickC.h> hw_timer_t *timer; QueueHandle_t xQueue; TaskHandle_t taskHandle; // タイマー割り ...
続きを読む
/ 電子工作