記事一覧

概要 https://lang-ship.com/blog/work/esp32-std-rust-4-adc/ 前回はADCでしたが、今回Delayまわりを調べてみました。 ベースのソースコード use esp_idf_hal::delay::Ets; use esp_idf_hal::delay::FreeRtos; use std::thread; use std::time::Durati ...
続きを読む
/ ESP32, Rust, 電子工作
概要 発売前の新刊を頂きましたので中身をご紹介したいと思います。 書籍 上記の書籍になります。発売日が1月27日ですので現在予約中の書籍となります。 https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274229862/ 公式サイトは上記となります。目次と最後の掲載されていた解説がありました。解説って結構楽しいですよね。 はじめに 「分解の達人」バニー・ファンからのメッセージにて ...
続きを読む
/ 分解, , 電子工作, 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/esp32-std-rust-3/ 前回はデジタル入出力でしたが、今回はアナログ入力のADCを調べてみます。 公式サンプル https://github.com/esp-rs/esp-idf-hal/blob/master/examples/adc.rs 上記がサンプルコードとなります。 use esp_idf_hal::adc ...
続きを読む
/ ESP32, Rust, 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/esp32-4827s043/ 上記の解像度800x480版の詳細記事です。 LovyanGFXの使い方 PSRAM有効化 現在PSRAMを使うことが必須です。無効な状態で実行するとリセットがかかるので注意してください。また、PSRAMを搭載しているボードなので、通常は有効にして利用したほうがよいと思います。ただしちょっと有効化 ...
続きを読む
/ ESP32-S3, 電子工作, 黄色基板
概要 USBホストの実験はしていましたが、USBデバイスはあまり触ったことがないので触ってみました。非常にシンプルに利用が可能できそうです。 USBデバイスとは? パソコンからみたときにUSBキーボードなどに見えるデバイスになります。ESP32-S3はUSBシリアル、USBキーボード、USBゲームパット、USBマウス、USBマスストレージなどになることができます。 USBモード 上記のUSBモード ...
続きを読む
/ ESP32-S3, USB, USBデバイス, 電子工作
概要 結構昔に発表されていましたが、使ったことがなかった気がしましたので検証してみました。デバイスの状況をリモート監視して、リブートした際の情報などを収集することができます。 ログイン https://insights.espressif.com/ 上記がトップページになります。 右上のログインからダッシュボードにはいります。アカウントがない人は作ってください。アカウント自体はAWS連携とかが可能 ...
続きを読む
/ ESP Insights, ESP32, 電子工作
概要 1.0.6と2.0.6を比べて変更があった場所などを確認してみました。気になったものだけピックアップして紹介したいと思います。 アナログ電圧取得 まだanalogRead()のADC値を電圧変換して消耗しているの?
analogReadMilliVolts()を使いましょう。 (ちなみにこの関数は1.0.6時代にはありましたので結構古い関数になります) 利用例 uint16_t anal ...
続きを読む
/ Arduino, ESP32, 電子工作
概要 ひさしぶりに写真撮影をしようとしたら電球が故障していたのと、前回一個破壊してしまい足りなくなってしまったので追加で購入してみました。 環境 https://lang-ship.com/blog/work/camera/ 上記で書いてありますが、左右からライトを当てて撮影を行っております。 上記のようなものを使っているので、電球が最低2つ必要です。ちなみに購入したソフトボックスに付属していたの ...
続きを読む
/ カメラ, 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/esp32-std-rust-2/ 前回はLチカをしたので、デジタル入出力についてもう少し調べてみました。 ピンモード PinDriver::pinmode名() let mut led = PinDriver::output(peripherals.pins.gpio2)?; 前回は上記のようにPinDriverを利用して、o ...
続きを読む
/ ESP32, Rust, 電子工作
概要 ESP32-S3とESP32-C3にはUSB経由でSerialとJTAGが使える機能が内蔵されています。Arduino IDE2系やPlatromIOを利用するとかんたんにJTAGデバッグができるので便利になりました。 ドライバ https://docs.espressif.com/projects/esp-idf/en/latest/esp32s3/api-guides/jtag-debu ...
続きを読む
/ ESP32-C3, ESP32-S3, JTAG, 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/esp32-std-rust-1/ 前回は環境構築だけで終わってしまったので、今回はRust環境の説明とLチカを行っていきたいと思います。 Rustと組み込みRust環境の違い(toolchains) $ rustup show Default host: x86_64-unknown-linux-gnu rustup home ...
続きを読む
/ ESP32, Rust, 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/esp32-lcd/ 黄色い基板シリーズの最新作である1.9インチモデルを買いました。これまでは外部接続端子が搭載されていましたが、数が少なく画面中心のボードでしたが外部にピンがたくさんでている使いやすいボードが販売されました。 製品
/ ESP32-S3, 電子工作, 黄色基板
概要 みなさん大好きダイソーのBluetoothシャッターが新製品に入れ替わっていましたので確認してみました。 製品 こちらの製品になりますが。旧製品が330円だったのですが、こちらは220円となっています。 裏側です。 左の赤が旧製品で、右側が新製品になります。よく見ると技適番号が違っているので別の会社で製造しているものになります。 青が追加されていますが、ダイソーの330円モデルの初期モデルと ...
続きを読む
/ ESP32, ダイソー, 電子工作
概要 そろそろRustを勉強してみようと思って、いろいろなボードを探してみたのでうがやっぱり使い慣れたESP32で環境を立ち上げてみたいと思います。 環境 ESP32ボード なんでもよかったのですが、技適付きのキットでマニュアルがしっかりしているFreenoveさんのボードを利用してみたいと思います。付属品を使ってみたいだけなので他のESP32ボードでも問題なく動くと思います。 開発環境 Wind ...
続きを読む
/ ESP32, Rust, 電子工作
概要 いまさらですが、使っているマウスが廃盤になり手元に数個しか残っていないので調子が悪い子を修理しました。 製品 上記のマクロソフトで販売されていたインテリマウスオプティカルを利用しています。個人的には左右対称の有線でサイドボタンがあるマウスが好きなのですが、現在この形に近いものはあまりありません。 2000年すぎぐらいからこのマウスを愛用しており、すでに20年が経過しています。過去20個以上購 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/m5stack-atoms3/ 前回かんたんに利用してみましたが、もう少し突っ込んで動作確認してみました。 シリアルについて ESP32-S3ではハードウエアのUARTが3系統、USBシリアルが1系統を利用可能です。しかしATOMS3はUART0のデフォルトであるGPIO43と44が外部からアクセスできません。そのためブートログ ...
続きを読む
/ ATOMS3, ESP32-S3, M5Stack, 電子工作
概要 黄色いESP32ボードの種類が増えてきたのでまとめページを作りました。思っていた以上のペースで新ボードが発売されているので、レビューが追いついていません。。。 製品一覧 型番チップ画面サイズ横解像度縦解像度接続方式タッチパネルESP32-2432S028RESP322.8240320SPI感圧ESP32-3248S035RESP323.5320480SPI感圧ESP32-3248S035CE ...
続きを読む
/ ESP32, ESP32-S3, 電子工作, 黄色基板
概要 M5Stackから画面付きのATOMが販売されましたので、確かめてみました。LED RGBを16個搭載したATOM Matrixと同じ価格ながら画面があるのはやっぱり便利です。(ドルベースでは同じ価格ですが、日本ではATOMS3のほうが安いです!) 製品
/ ATOMS3, ESP32-S3, M5Stack, 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/circuits-007/ 前回までにバイポーラトランジスタとMOSFETの基礎を紹介しました。今回から実際の回路を利用して学んでいきたいと思います。今回は基礎的な抵抗値についてです。 オームの法則 まず電子工作での回路でいちばん重要なのは抵抗です。抵抗の数値がおかしいとマイコンなどが壊れるので注意してください。とはいえ、公式と ...
続きを読む
概要 前回出版をするときに構築した写真撮影環境で最低限必要だなと思ったことをまとめてみました。基板やボードなどの小物撮影をメインに考えた環境になります。 カメラ 一眼レフが無難です。モノクロ紙面の雑誌とかであればiPhoneでも問題ないと思いますが、やはり一眼レフでRAW画像で撮影したほうが無難です。カメラ自体はフルサイズである必要はなく、ある程度古いものでもかまわないと思います。 ただし、レンズ ...
続きを読む
/ カメラ, 電子工作
スポンサーリンク
Lang-ship
タイトルとURLをコピーしました