記事一覧

概要 M5シリーズを同時に開発できるM5StackAutoでIMUの動作を確認してみました。特に座標軸が違うと同じコードで動かないので、統一したいと思います。 加速度 画面の向きで正面を決めました。正面で画面を上に机に置いたところZ軸が1になりました。 左側に倒したところにX軸が1になりました。TTGO T-Watchが逆だったので補正します。 同じく正面のまま立てかけるとY軸が1になりました。T ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 低予算でのオシロスコープ・ロジックアナライザーの選び方(2020年8月) 低予算オシロ、ロジアナで紹介した機種を実際に購入してみてのレビューです。今回はHantek 60022BLになります。 商品 今回はAliExpressのHantek Off ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 もともとM5StickCの互換ライブラリを準備していたのですが、らびやんさん作成の高速LCDライブラリのLovyanGFXが複数ボードの自動認識機能が実装されたのでM5StickC風のライブラリで、M5シリーズを単独ソースの単独バイナリで同時開発できるものを作ってみました。 対応表 ボードLCD/LED電源管理IMURTC ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5Stack社のユニット紹介、デュアルボタンユニットです。前回のボタンユニットが2つボタンになったものです。 M5Stack ボタンユニット 商品 ちょっと大きめの箱にはいっていますね。なんとボタ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 低予算でのオシロスコープとロジックアナライザーの選び方をもう一度調べ直してみました。 対象信号例 プロトコル周波数チャンネルPS/215KHz2UART(MIDI)31.25Kbps2UART(RS-232C)1.2Kbps~115.2Kbps2PWM1.2Kbps~312.5Kbps1I2C100KHz~400KHz2CAN10Kbps~1Mbps2PC ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5Stack社のユニット紹介シリーズです。今回はボタンユニット。一番地味な?ユニットですね、、、 商品 単純なユニットなので、かなり安いですね。 インは普通に外側みたいです。 こんな感じのボタンになっています。M5StickCのB ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5Stack BASICとPM2.5用センサーが搭載されているボトムがセットになっている商品があったので購入してみました。 商品 こちらの商品になります。日本 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5Stack社のユニット紹介シリーズのカラーセンサユニットです。色を判定して取得することができます。 商品 赤のコネクタなのでI2C接続ですね。 使っているセンサーはTCS34725です。 まん ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 さいきん話題になっている無印良品のM5StickC用ケースこと、タグツールをやっと購入してみました。ケースだけだと寂しいのでルーペも買ってみました。 商品 タグツールとは無印良品の展開するトラベル用品のシリーズで、5色のシリコンケースとその中に入れるツールになります。 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5Stack社のユニット紹介シリーズです。今回はちょっと変わり種の3.96ユニット! 商品 価格は日本で発売しているユニットでは最安値だったのですが、最近ちょっと値上がりしまし ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5StickCとM5StickC Plusを主にArduino IDEで開発する場合の違いを調べてみました。 M5StickC Plusが販売されました 上記の記事も参考にしてください。 スペックの違い M5StickCM5StickC PlusTFTコントローラーST7735SST7789液晶サイズ0.96インチ1.14 イン ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5Stack社のユニット紹介シリーズです。今回はバイブレーションユニットです。振動でお知らせしたいときには便利だと思います。 商品 FANユニットは日本語に訳していなかったのですが、バイブレーションユニッ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5StickC Plusに搭載されているブザーを、マルチタスクを利用してバックグラインド再生を試してみました。実際の音楽データはBLE-MIDIを使って、レコーディングしました。 BLE-MIDIでレコーディング M5StickC(ESP32)にWindows10からBLE-MIDIでリアルタイム数値送信をしてみる 再生する元データを作るって結構面倒ですよね? なので、今回はB ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ユニット紹介シリーズのFANユニットです。モーターに羽をつけることで、扇風機的なことができます。 商品 上記の商品になります。N20という小さいDCモーターが内蔵されています。 こんな商品かな? かなり小さいですね。 外見はこんな感じです。コ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 スイッチサイエンスさんはすでに品切れです。公式ストアは送料高いのでおすすめしません。AliExpressの公式ストアは一ヶ月かかるのですがまだ追加されていませんでした。D ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 さいきんDigi-Keyで買い物をしていますが、発送の段階でFedExかUPSを選択する必要があります。急に出てきて選択を迫られる! フローラなのか、ビアンカなのか、、、 Digi-Keyとは? アメリカにある電子工作とかの部品を販売してくれる会社です。なんと6千円以上で送料無料でアメリカからすぐに届きます。ただし、1万円以上だと消費税がかかりますので、6千円から1万円に分割してこまめに買う ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 非接触の赤外線温度計ユニットの紹介です。 商品 コネクタが赤なので、I2C接続になります。
/ 電子工作
概要 M5Stackの外部電源入力まわりが混沌としているので、実測してみました。外部端子から電圧を変えてみて、どの電圧帯で動作するのかを調べました。 回路図 公開されていないので、よくわかりません。ただUSBからの電圧は逆流防止のダイオードが入っているようです。Groveの5Vとピンヘッダの5Vは直結されているようです。 スケッチ例 #include <M5Atom.h> // http:/ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5Stack社のユニット紹介シリーズです。今回は心拍センサです。心拍と血中酸素濃度(SpO2)が測定できます。 商品 上記の商品です。基本的にAmazonよりスイッチサイエンスさんから購入したほう ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 試行錯誤中ですが、コテ先をいろいろ買ってみました。 利用中のハンダコテ 本当は国産のちゃんとしたやつがいいんでしょうが、私は中華の安めのハンダコテを使っています。一応セラミックヒーターなので、ニクロムヒーターと比べると使いやすいです。 一応温度設定がありますが、実際にはワット数変更でコテ先の温度は見ていないと思います。国産の温度調整付きのものは高いワット数で一気に加熱して、設定温度で止めるみ ...
続きを読む
/ 電子工作