WeMosはどこいった?

ESP32で有名だったWeMosは最近あまり見かけません。どこにいったのでしょうか?

WeMosはLOLINに

どうやら偽物のWeMosが多すぎて、ブランド名をLOLINに変更したようです。

オフィシャルサイト

取扱商品

LOLIN D1 mini

小型のボードにESP8266を搭載しています。しかしながら技適を取得していないので、日本では利用することができません。

LOLIN D32

ESP-WROOM-32を搭載したボードです。バッテリー端子がついているのが特徴で、ピン配置も他のボードと比べると結構違います。

LOLIN D32 Pro

ESP-WROVERを搭載したボードです。真ん中にTFT用のポートと、左にI2C、バッテリ0用の端子、右下にMicroSDカードのスロットがあります。

まとめ

日本からだとWeMosあらため、LOLINのボードはほぼ手に入りません。そして中国から購入しても送料が結構高いので、わざわざ使う必要はないと思います。

おまけ

TTGO

最近元気がいいのがTTGOです。TTGOはLilyGOという会社のブランドで、もともと偽WeMosの最大手でした!

たぶんWeMosに怒られて、WeMosじゃなくてTTGOというブランド名で展開しています。TTGOの特徴として、ディスプレイを搭載しているボードが多いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)