Microsoft Intellimouse Opticalの修理

概要

いまさらですが、使っているマウスが廃盤になり手元に数個しか残っていないので調子が悪い子を修理しました。

製品

上記のマクロソフトで販売されていたインテリマウスオプティカルを利用しています。個人的には左右対称の有線でサイドボタンがあるマウスが好きなのですが、現在この形に近いものはあまりありません。

2000年すぎぐらいからこのマウスを愛用しており、すでに20年が経過しています。過去20個以上購入していたはずですが、調子が悪かったものは捨てており手元に残っているが4個ぐらいだと思います。

修理

おまけ付き5個+1個セット! オムロン(OMRON) D2FC-F-7N(20M) D2F-01F互換品 マイクロスイッチ SHINAX品質保証付
オムロン(OMRON)
¥850(2023/11/28 19:50時点)
合計6個のセット商品です 当商品はSHINAXが品質管理を行い、品質に対しての責任を負っています

マウスで調子が悪くなる場所は左クリックのスイッチとなります。この部品を交換すれば大丈夫です。たまにホイールが調子悪くなる場合があって、その場合は修理がちょっと面倒です。

マウスの裏側の足の下に2本ネジが隠れています。この足も購入してあったのですが行方不明なので再利用したいと思います。。。

ネジ2本だけできれいに分解できました。結構汚れていますね。。。

外装はエタノールで掃除しておきます。

さらに2本ネジをとりはずして分解。

該当部分ですが最初からはんだの量が少ないですね。ちなみにこのマウスは正規品かが怪しいです。正規品の部品で勝手に製造したマウスが市場に出回っていたので後期品のバルク購入は微妙だったみたいです。

基板を固定して、もともとついていたスイッチを取り外します。このときコテの温度は少しだけあげておくと取り外しやすいと思います。

ENGINEER エンジニア ハンダ吸取器 SS-02
ENGINEER
¥1,755(2023/11/28 00:25時点)
大容量シリンダーと先端のシリコンチューブにより、吸引力が向上したハンダ吸い取り器。

ただ一番重要なのはすっぽんの性能です。エンジニアの半田吸取器は非常に性能が高いです。これを使っていればほぼ全部のハンダを吸い取ってくれるのでらくらく外すことができます。

とりはずしました。下がついていた製品でMSという型番はマイクロソフト用の特注品になります。今回はOMIRON製ではない、互換品にしてみました。

付きました。

仮組みしてからの動作確認。

まとめ

かなりあっさりと交換できました。エンジニアのすっぽんはかなり高性能で、値段もそんなに高くないので一本持っていると便利です。これがないともう少し苦戦すると思います。

コメント

  1. TAV より:

    同じマウスを持っていて、チャタリングでこの記事と同様にD2FC-7互換のマイクロスイッチをAMAZONで購入して交換して使っています。オリジナルはOMRON純正ですが、高いです。中国製の互換品が5個で500円~1000円なので、まとめ買いがお得ですね。
    チャタリングは左右クリックのD2FC-7スイッチで、この2つを交換すれば他のスイッチはあまり使わないので異常はないですね。
    数年前まではスプレータイプの接点復活剤を白いボッチから流し込んで直して使っていたのですが、とうとう治らなくなってスイッチを交換しました。
    分解したところ、手垢やホコリがたまって非常に汚れていたので、基板のねじ2個、上ケースのねじ2個を外して、プラスチックパーツはすべて爪ではめ込んであるので爪を折らないように注意して外して、プラスチック部品すべて洗剤とアルコールで全部清掃しました。
    スイッチも交換して手垢などの汚れも綺麗になって快適になりました。
    また、チャタリングの起きるまでの数年は使い続けられそうです。