Maker Faire Tokyo 2020に行ってきた

概要

2020年10月3日、4日に東京ビックサイトで開催されていたMaker Faire Tokyo 2020に行ってきました。行く予定はなかったのですが、ちょっとだけ時間が取れたので2日目をちょっとだけ回ることができました!

会場

久しぶりのビックサイトでした。ただ、同時開催しているイベントがなくちょっと寂しい感じですが、混んでいなくてゆっくり回ることができました。

恐竜!

しっぽが左右に結構ゆれます!

中で動かすのは大変ですが、この手のものはいいですよねー

黄色い人

やっぱり、生音はいいですね。ピコピコの電子音も好きなのですが、会場で実際に感じることができる生音のパワーがすごかったです。

電子ビー玉ころがし?

個人的に一番好きな作品です。cuboroのようにブロックを組み合わせて移動していくデバイスです。かなり手間と費用がかかっている作品ですよね。

テスラコイル

いやー、実際に触れるのがいいですね。思ったよりビリっとします!

電子サバゲ

さすがのNiiさんの作品です。完成度がかなり高いですし、今回のちょっと広めのブースをうまく使っていて、実際に対戦をすることができました。

銃もレーザーの様にピーキーな感じでもなく、ちょっと緩めの当たり判定で複数回でデッドなのでよかったです。

自宅ゲーセン化

表からみると、よくある感じの小型アーケード機なのですが、裏側に本体がそのまま入っている!

最近のミニ系の本体もあったりと、かなりきれいに仕上がっていました。

スイッチサイエンスさん

今回の目玉はPaperの実物展示かな?

こんな感じの厚みでした。

本当は2千円のATOMのセットが欲しかったのですが、売り切れていたので5千円のM5Stackセットです。実はプロトモジュール以外は持っていないので、重複はないです。

とはいえ、M5Stack PM2.5セットは持っているので、ボトム以外のM5Stackと微妙のバージョンが違うスタンドは持っています(笑)

Seeedさん

ガチャをしたかったのですが、11時からなので出直してちょっと前から待機してまっていました。

結果はケースでした!

ちなみに他のがでても、ケースはもらえるようでした。どんな量のケースを中国から持ってきたんだろう、、、

CQ出版さん

写真はないのですが、ちょっと顔を出してみました。12月号の締め切り間近で大変そうな編集者さんを発見(笑)

10月24日発売なのに12月号なんですよね。ぐぐったら、月刊誌は40日までだったら差が許されるらしい?

まとめ

ほかにも大量におもしろそうな作品がありました。初日のレビューを見てからいったので、すこし少なめの紹介です。

はじめての参加ですが、やっぱり会場にいかないとわからないことってありますね。Twitterなどでよく見る人がたくさんいました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

管理者承認後にページに追加されます。公開されたくない相談はその旨本文に記載するかTwitterなどでDM投げてください。またスパム対策として、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。