M5Stack M5GO Battery Bottom2

概要

買ってみたシリーズです。明日新製品のM5Stack Core2 for AWSが発売される予定なので、それに同梱されるボトムとの差分を調べてみたいと思います。

商品

現在まだ日本未発売のはずです。比較的最近発売されたので、まだ日本では持っている人は少ないはずです。

M5GOはM5Stack Fireとほぼ同じなのですがPSRAMを搭載していないコアですね。Fireにもこの形のボトムを搭載しているのですが名前がわかりにくくなるのでM5GOボトムと命名しているのかな?

中身はボトムとM5Stack Core2用のネジが4本ですね。

裏側はこんな感じになっています。レゴで固定できる穴があいています。手前の部分がチャージベース用のコネクタですね。

これはM5GOかM5Stack Fireには付属してくるのですが、別売りでも販売しています。ただし、ファームウエアの転送には使えないのでマグネットでくっついて充電できる台として使う用途向けです。あまり使わないかもしれません。。。

M5Stack Fireと比べると少し灰色が強くなっていますね。そしてM5GOも最近購入しましたが、箱からあけていないのを思い出しました。。。

このボトムではGrove端子の増設もされています。下がマグネット用のI2Cで、上がGPIOとUARTですね。左下にIMUが搭載されています。

ちなみに、秋田先生のボトムをすでに接続しているので、このボトムは使わない予定です。。。

分解しました。あまり中は開けないのですが、これは技適とか関係ないですもんね。左右にはカラーのライトが入っています。下にはマイクがありますね。ちなみに右下にはこのバッテリー用の充電ICが搭載されています。いままでは適当に接続されていた気がするのですがちょっと変わってきているのかな?

右上の拡大写真です。ここのパターンが実装されていませんね。おそらく新製品のAWS版ではここにセキュリティーのチップが搭載されていると思われます。時期的に同じ基板だと思うんですよね。

まとめ

既存のM5Stack Core2を持っている人にはぜひおすすめしたいボトムです。とはいえ、このボトムを買うよりは新製品のM5Stack Core2 for AWSを最初から購入するほうがおすすめです。おそらくこのボトムは利用せずに、AWS版をメインで使っていくと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました