M5Stack ATOMに謎のGPIO34があった!

概要

ATOMの回路図がないと探していたら、公式サイトにアップされていました。見たことがないGPIO34があったので、確認してみました。

回路図

上記公式サイトの下の方に回路図が掲載されています。自分で書いた図以外は利用はしない方針なので、直接確認してみてください。概念図的なものなので、回路的には細かいところが省略されているので注意してください。

GPIO34?

GPIO23に100Ωの抵抗経由でGPIO34に結線が伸びていました!

GPIO23は上側に出ているPINで、ADCには接続されていないGPIOですね。GPIO34は入力専用ですがADC1に接続されているGPIOです。

スケッチ例

void setup() {
  Serial.begin(115200);
  pinMode(34, ANALOG);
}

void loop() {
  Serial.printf("GPIO33:%d GPIO34:%d \n", analogRead(33), analogRead(34));
  delay(100);
}

結果

USB接続で安定化電源として使える上記機材から3Vの電圧を出力し、GPIO33とGPIO34に交互に接続し、出力をプロットしてみました。ほとんど同じ入力値で取れていますね。

PIN配置

こちらがATOMの裏側のPIN配置図になります。GPIO23は34と共存しています。M5StickC Plusでもこんな感じになっていたので、ATOMで実験済みだったんですね。

GPIOI/OADCDACタッチLiteMatrixEcho
GPIO22I/ODataOut
GPIO19I/OBCLK
GPIO23I/ODataIn
GPIO34IADC1DataIn
GPIO33I/OADC1LRCK
GPIO21I/OSCL
GPIO25I/OADC2SDA

こんな感じになりました。GPIO23と34はEchoでも接続されていました。しかしながらEchoはDataInに割り当てられているので、他の用途で使うのは好ましくありませんのでご注意ください。

まとめ

当たり前ですが、ちゃんと使えましたね。ADCがあと1ch欲しいのにってときに使ってみてはいかがでしょうか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

管理者承認後にページに追加されます。公開されたくない相談はその旨本文に記載するかTwitterなどでDM投げてください。またスパム対策として、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。