ESP-WROOM-32(ESP32)入門

ESP-WROOM-32を購入して、試してみました。

ESP-WROOM-32とは?

Espressif Systems社の製品で、ベースとなるESP32にフラッシュメモリやアンテナなどを追加した製品です。

ESP32とESP-WROOM-32との違い

海外のサイトなどではESP-WROOM-32ではなく、ESP32などで検索したほうがヒットしやすいですが、製品としては別物です。

ESP32はWi-FiとBluetoothが利用可能なチップで、それにフラッシュメモリとアンテナなどを追加したモジュールです。ESP32を利用していても、ワンチップ化していないものや、ESP-WROOM-32とは違うパッケージになっているものがあります。

注意事項

日本の法律上電波を利用する場合には、技適を取得している必要があります。ESP-WROOM-32は技適を取得していますが、ESP-WROOM-32以外のESP32パッケージは技適を取得していないものが多いので注意しましょう。

商品の写真をみて、技適マークがあることを確認してから購入するのが無難だと思います。

購入品

Amazonで一番安かった製品を購入してみました。中国発送のため2週間ぐらい到着まで時間がかかります。すぐにほしい場合には他のを選んだほうがよいと思います。

外見

ピンヘッダーははんだ付けされた状態で、特別汚いわけでもきれいなわけでもなかったです。ESP-WROOM-32に擦り傷が最初から入っていたりと、全体的にはあまりきれいな状態ではありません。

プログラムの書き込み

Arduino IDEを利用して、「DOIT ESP32 DEVKIT V1」で書き込みができました。ただし手元のWindows環境だと、自動書き込みができなかったのでbootボタンを押してからの、手動書き込みでテストしました。

<br />
#include &quot;BluetoothSerial.h&quot;</p>
<p>BluetoothSerial SerialBT;</p>
<p>void setup() {<br />
    SerialBT.begin(&quot;ESP32&quot;);<br />
}</p>
<p>void loop() {<br />
    SerialBT.println(analogRead(32));<br />
    delay(100);<br />
}<br />

上記のプログラムでBluetooth Serialを使ってWindows上でIO32のアナログ入力を取得することができました。

最初IO25で試したところBluetoothを使うとanalogReadが正常な値を返しませんでした。DEKOのアヤシいお部屋。- ESP-WROOM-32 が一番詳しい日本語ページと思いますが、Wi-fi利用時にはA4 (IO32) ~ A7 (IO35)とあったのでIO32に変更したところ、正常に取得できました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)