TensorFlow Lite for MicrocontrollersをESP32で試す

概要

Interfaceに一本記事をのせてもらいました。

詳細は雑誌を参照してください(笑)

TensorFlow Lite for Microcontrollersとは?

上記のもので、マイコン向けに簡略化された機械学習プラットフォームのTensorFlowです。ESP32もサポートされており、ESP-IDF4.0でビルドすることが可能です。

Arduino IDE用ライブラリ

動かし方の解説が面倒だったので、Arduino IDE用のライブラリを作成しました。ライブラリマネージャーから「TensorFlowLite_ESP32」でインストールできます。

  • M5StickC(加速度、マイク)
  • M5Stack Fire(加速度、マイク)
  • M5Camera(カメラ)
  • ATOM Echo(マイク)
  • ESP-EYE(カメラ、マイク)
  • TTGO T-CameraV05(カメラ)

上記はスケッチ例がありますので、すぐに動作確認することができます。

M5StickCで加速度計を利用したジェスチャーと、マイク入力でのYES、NO認識などを試すことができます。

M5Stack Fireもマイク入力は画面にFFTとかでて、ちょっとかっこいいです。M5StickCも反応が悪いですがボタンAを押すとFFT表示に切り替わります。

まとめ

この記事の動作確認のために初M5StackであるFireを購入してしまいました。。。残りも全部そろえなければ、、、

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

管理者承認後にページに追加されます。公開されたくない相談はその旨本文に記載するかTwitterなどでDM投げてください。またスパム対策として、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。