RISC-Vボードを調べる

概要

いまさらですが、RISC-Vのボードと開発環境まわりを調べてみました。

Arduino IDE環境

Arduino IDEで開発する場合には、CPUの系統により2種類ありました。Arduino環境なので独自拡張のC++言語での開発になります。

SiFive

こちらがRISC-V本家用のボードで、標準的なCPUですが、非常に高いです。HiFive1 RevBなどが代表的なボードです。

上記をArduino IDEの設定に追加すれば利用できますが現在LinuxとMacの環境でないと動きません。Windowsで開発する場合には利用できないので注意しましょう。

Kendryte K210

一番手に入りやすいCPUシリーズです。Sipeed Maix M1 Dockなどが代表的なボードです。Sipeed Longan Nanoなどは違うシリーズなので注意してください。

PlatformIO環境

Arduino IDEと似ていますが、エディタが自由に使える環境です。一番多くのCPUに対応しています。

ボードにより、利用できるフレームワークが違うので注意してください。Arduino環境の使えるボードと、独自フレームワークにしか対応していないボードがあります。

基本的には系統はなく、すべてのボードが利用可能なのですが、上記のページでグループ分けされていましたのでグループ別に紹介します。

SiFive

Freedom系の他に、SiFive E31の標準的なRISC-Vに対応しています。全般的に高めのボードが多いです。Freedom E SDKとZephyrRTOSに対応しているボードが多いようです。

RISC-V GAP

GAPuino GAP8というボードに対応しています。日本でも取り扱いがないのでちょっと特殊です。

Kendryte K210

こちらも一番入手しやすいK210には対応していました。Arduino環境とKendryte独自環境での開発に対応していました。

GigaDevice GD32V

GD32VF103向けの開発環境です。一番安価で手に入りやすいSipeed Longan Nanoはこの環境になります。

MaixPy環境

MicropythonをK210に対応させた環境になります。そのためK210での標準的な開発環境となります。

MaixPy IDEのダウンロードURLは、どこにあるのかがわかりにくいです。上記のM5StickVのページから落とすのが一番わかりやすいと思います。

ちなみに、上記が本家の置き場です。どこから落とすのかわかりますか?

なんと、このアンダーバー(_)の中に入っています。。。

上記が、0.2.4のダウンロードページになります。

Freedom Studio環境

HiFive1などのRISC-V標準の開発環境になります。StudioはEclipseベースの統合環境なので、CLIベースのFreedom-E-SDKを直接使うか、PlatformIO経由で使ったほうが使いやすいかもしれません。

下の方にFreedom E SDKとFreedom Studioのダウンロードリンクがあります。

Zephyr環境

Linux FoundationがすすめているリアルタイムOS(RTOS)の一種です。非常にシンプルなOSですが、Freedom-E-SDKと使える環境は同じなのでまずはFreedom環境の方がいいのかもしれません。

上記にサポートしているボードの一覧があります。

Tang Dynasty IDE環境

Sipeed Tang PriMER FPGA用の開発環境でTD IDEとも呼ばれています。

上記からダウンロードできるようです。

RISC-V GNU Compiler Toolchain環境

GCCの環境もあるようです。しかし、いろいろ環境構築が大変そうです、、、

おすすめボード

まだ何がおすすめなのかわかっていません。。。

HiFive1 RevB

リファレンスボードなので、これ持っておいたほうがいい気がしますが、結構高いです。

Sipeed Maix Bit with Mic

Kendryte K210だと一番安いのかもしれません。(Shigezoneさんの価格なんでちょっと安すぎますが、、、)

Arduino IDEで使わないんだったらM5StickVも楽しそうです。ただMaix Bitが動くってことは、M5StickVも頑張ればArduino IDEで動きそうなんですけれどね、、、

Sipeed Longan Nano

圧倒的な安さなので、惹かれますがちょっと環境が特殊です。個人的にはPlatformIOは便利なんですが、重い印象があります。JTAGつけてのデバッグなどの環境構築は一番ラクだとは思います。

RISC-Vボード一覧

スイッチサイエンス秋月電子Shigezone商品名CPU価格ArduinoPlatformIOMaixPyFreedom StudioZephyrTang Dynasty IDE
HiFive1 RevBFreedom E3106600SiFiveSiFiveFreedom StudioRISCV
SparkFun RED-V RedBoardSiFive E31 CPU Coreplex4594SiFiveFreedom StudioRISCV
SparkFun RED-V Thing PlusSiFive E31 CPU Coreplex4043SiFiveFreedom StudioRISCV
HiFive1Freedom E310SiFiveSiFiveFreedom StudioRISCV
HiFive1 RevBFreedom U540SiFiveFreedom Studio
GAPuino GAP8GAP8RISC-V GAP
Sipeed Maix Bit with MicKendryte K2102500K210Kendryte K210MaixPy
Sipeed Maix GoKendryte K2105800K210Kendryte K210MaixPy
Sipeed MaixFace(MF1)Kendryte K2104800Kendryte K210
Sipeed Maix BitKendryte K2103520K210Kendryte K210MaixPy
Sipeed Maix M1 DockKendryte K2103300K210Kendryte K210MaixPy
Sipeed MaixduinoKendryte K2103960K210Kendryte K210MaixPy
Sipeed Longan NanoGD32VF103CBT6715GigaDevice GD32V
LamLoei AIoT DaaNKendryte K210K210
Kendryte KD233Kendryte KD233MaixPy
M5Stack M5StickVKendryte K2103080MaixPy
Sipeed Tang PriMER FPGA Dev.BoardAnlogic EG4S20 FPGA2580TD IDE
M5Stack UnitV AI CameraKendryte K2102145MaixPy
Wio Lite RISC-VGD32VF103CBT61000GigaDevice GD32V

ざっくり国内で入手しやすそうなボードと開発環境の一覧です。価格はスイッチサイエンスさん、秋月電子さん、Shigezoneさんの順で埋めています。

まとめ

結局よくわからん。

てなことで、RISC-V原典とInterfaceを購入して読んで見るところからやってみたいと思います。。。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

管理者承認後にページに追加されます。公開されたくない相談はその旨本文に記載するかTwitterなどでDM投げてください。またスパム対策として、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。