KiCad 6.0での環境依存しないライブラリ管理方法

概要

KiCadを使わせてもらっていますが、どうしても環境依存するライブラリの管理方法が好きになれません。最近のプログラムだとプロジェクトに依存関係がまとまっているのですが、KiCadは実行環境に依存するため、複数のパソコンで利用するときに問題になります。そこでプロジェクト内部にライブラリ管理をする方法を研究してみました。

基本的な使い方

基本的な使い方は上記の電子書籍で勉強しました。非常にわかりやすい書籍で、どんどん更新されているので後半部分はまだ読めていません。

この書籍の中でもライブラリはグローバルで管理して、別パソコンに持っていく方法もありますがちょっと面倒ですよね。Dropboxとかでファイルは共有できても、使っているユーザー名が違ったりすると他のパソコンでPathを通すのが面倒だったりします。

プロジェクトでの管理方法

テスト用のプロジェクトを作ってみました。すでにプロジェクトで管理するファイルがありますが、手順自体はわりと普通です。

設定メニューの中にある「シンボルライブラリーを管理」を呼び出します。

上記の画面でプロジェクト固有のライブラリとして「0-」からはじまる名前で新規ライブラリを作成します。プロジェクトの中につくると相対座標での登録となりますので、ファイルを移動しても大丈夫になります。名前は任意でいいのですがライブラリの一覧でわかりやすいように「0-」と先頭につけるのがいいと思います。

こんな感じでリストの一番上に自作シンボルが追加されます。デフォルトで入っていないシンボルはインポートなどを使って追加することになります。

同様にフットプリントも追加します。

他のライブラリからの取り込み方法

たとえばSeeedさんのライブラリを利用したい場合の手順を書きます。シンボルファイルのフォーマットが5から6で変更になっています。もともと1つのファイルに複数のシンボルが入っていたのですが、単にインポートをすると先頭の1つしか読み込めません。

その場合には上記のように、適当な新規プロジェクトを作ってから、プロジェクト固有のライブラリに一括で追加してあげます。画面からのインポートですと古いlib形式に対応していませんが、こちらの画面からであれば読み込むことができます。

このようにOPLからはじまるライブラリが大量に追加されました。

例えばGroveコネクタを使いたい場合にはデフォルトにもありますが、こちらのライブラリにも収録されています。

単品を選択してからエクスポートすることで、6の新しい形式で保存することができます。1つの部品だけ保存したファイルは、この画面でインポートすることができるので部品フォルダを作って保存しておくことで後から使いたい部品だけをプロジェクト固有の部品として使うことができます。

同じようにフットプリントも追加できます。

ただ、フットプリントの形式は5と6で変更ありませんし、最初から1部品1ファイルに分離されているので必要なファイルだけを保存しておいて、プロジェクト固有のフットプリントフォルダに入れるだけで使えるようになります。

まとめ

どうもいやだなーって思っていたことがなんとか解決できそうです。あと自分用の部品を単品のファイルに保存をしておくと、細かいカスタマイズとかもしやすいです。

結構複数のパソコンを使ったりするので、たまに古いPCで開いてライブラリにないのでキャッシュからとか表示がでるのが嫌だったりしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました