初心者向けDIY 3Dプリンター 2019年3月

自分で組み立てる安価なタイプの3Dプリンターを調べたところ、思ったより情報がまとまっていなかったので、自分でまとめてみました。

有名製品一覧

名前価格販売方式出力サイズ層の高さFeederExtruder外形寸法重量URL
Anet A2$226.992016Cartesian-XZ-Head220 x 220 x 220 mm100 - 300 MicronsBowdenSingle500 x 500 x 490 mm6.0 kgURL
Anet A3$315.892016Cartesian-XZ-Head150 x 150 x 150 mm100 - 300 MicronsBowdenSingle315 x 333 x 375 mm10 kgURL
Anet A4 Delta$269.992017Delta200 D x 210 H mm100 - 400 MicronsDirectSingle330 x 330 x 640 mm6.8 kgURL
Anet A6$265.002016Cartesian-XZ-Head220 x 220 x 250 mm100 MicronsDirectSingle480 x 400 x 400 mm10 kgURL
Anet A8$174.902016Cartesian-XZ-Head220 x 220 x 240 mm100 - 400 MicronsDirectSingle498 x 398 x 450 mm8.5 kgURL
Anet A8 Plus$282.392018Cartesian-XZ-Head300 x 300 x 350 mm100 - 400 MicronsDirectSingle612 x 462 x 573 mm10 kgURL
Anet E10$223.802017Cartesian-XZ-Head220 x 270 x 300 mm100 - 400 MicronsBowdenSingle400 x 440 x 495 mm9.6 kgURL
Anet E12$249.002018Cartesian-XZ-Head300 x 300 x 400 mm100 - 400 MicronsBowdenSingle486 x 500 x 594 mm8.8 kgURL
Anycubic i3 Mega$328.992017Cartesian-XZ-Head210 x 210 x 205 mm100 - 400 MicronsBowdenSingle410 x 405 x 453 mm14.5 kgURL
Anycubic i3 Mega-S$339.002018Cartesian-XZ-Head210 x 210 x 205 mm100 - 400 MicronsBowdenSingle410 x 405 x 452 mm14.5 kgURL
Creality CR-10$439.002017Cartesian-XZ-Head300 x 300 x 400 mm100 - 300 MicronsBowdenSingle615 x 600 x 490 mm14 kgURL
Creality CR-10 Mini$459.952018Cartesian-XZ-Head300 x 220 x 300 mm100 - 300 MicronsBowdenSingle490 x 420 x 500 mm7.5 kgURL
Creality CR-10S$499.002017Cartesian-XZ-Head300 x 300 x 400 mm100 - 300 MicronsBowdenSingle615 x 600 x 490 mm13 kgURL
Creality CR-10S 400mm$699.002018Cartesian-XZ-Head400 x 400 x 400 mm50 - 250 MicronsBowdenSingle590 x 700 x 615 mm11.5 kgURL
Creality CR-10S 500mm$869.002017Cartesian-XZ-Head500 x 500 x 500 mm50 - 250 MicronsBowdenSingle600 x 760 x 620 mm15 kgURL
Creality CR-10S Pro$619.002018Cartesian-XZ-Head300 x 300 x 400 mm100 - 400 MicronsBowdenSingle490 x 550 x 654 mm13.1 kgURL
Creality CR-20$369.002018Cartesian-XZ-Head220 x 220 x 250 mm100 - 400 MicronsBowdenSingle420 x 410 x 470 mm9.5 kgURL
Creality CR-20 Pro$419.002019Cartesian-XZ-Head220 x 220 x 250 mm100 - 400 MicronsBowdenSingle420 x 440 x 470 mm7.9 kgURL
Creality CR-X$699.002018Cartesian-XZ-Head300 x 300 x 400 mm50 - 400 MicronsBowdenMix550 x 400 x 650 mm12 kgURL
Creality Ender 3$219.992018Cartesian-XZ-Head220 x 220 x 250 mm100 - 400 MicronsBowdenSingle440 x 410 x 465 mm7.8 kgURL
Creality Ender 3 Pro$249.002018Cartesian-XZ-Head220 x 220 x 250 mm100 - 400 MicronsBowdenSingle440 x 410 x 465 mm6.9 kgURL
Creality Ender 4$399.002018H-bot220 x 220 x 300 mm100 - 400 MicronsDirectSingle450 x 460 x 480 mm13.8 kgURL
Creality Ender 5$329.002019H-bot220 x 220 x 300 mm100 - 400 MicronsDirectSingle552 x 485 x 510 mm14.2 kgURL
Creality Portable Ender 2$229.992016Cartesian-XZ-Head150 x 150 x 200 mm100 - 400 MicronsDirectSingle300 x 330 x 540 mm4.2 kgURL
Geeetech A10$219.002018Cartesian-XZ-Head220 x 220 x 260 mm100 - 400 MicronsBowdenSingle478 x 413 x 485 mm7.5 kgURL
Geeetech A10M$299.002018Cartesian-XZ-Head220 x 220 x 260 mm100 - 400 MicronsBowdenMix478 x 413 x 485 mm7.5 kgURL
Geeetech A20$349.002018Cartesian-XZ-Head255 x 255 x 255 mm100 - 400 MicronsBowdenSingle442 x 447 x 480 mm7.5 kgURL
Geeetech A20M$399.002018Cartesian-XZ-Head255 x 255 x 255 mm100 - 400 MicronsBowdenMix442 x 447 x 480 mm8.8 kgURL
Geeetech A30$395.992017Cartesian-XZ-Head320 x 320 x 420 mm50 - 300 MicronsBowdenSingle508 x 615.5 x 630.5 mm10.12 kgURL
Geeetech E180$229.002017Cartesian-XZ-Head130 x 130 x 130 mm50 - 300 MicronsBowdenSingle284 x 156 x 320 mm4.5 kgURL
Geeetech GiantArm D200$699.002017Cartesian-XZ-Head300 x 180 x 180 mm50 - 300 MicronsDirectSingle470 x 350 x 395 mm16.5 kgURL
Geeetech Mecreator 2$385.002016Cartesian-XZ-Head160 x 160 x 160 mm50 MicronsDirectSingle320 x 320 x 360 mm9.05kgURL
Geeetech Rostock Mini G2 Pro$559.502016Delta190 D x 200 H mm100 MicronsBowdenSingle320 x 320 x 870 mm9.5kgURL
Original Prusa i3 MK3$999.002017Cartesian-XZ-Head250 x 210 x 200 mm50 MicronsDirectSingle419 x 381 x 419 mm6.35 kgURL

販売年月日が重要で、新しいものほどおすすめです。ただしAnetなどは同じ型番でちょっとずつ改良しているかもしれませんのでご注意を!

価格

主にAmazon.comの値段を持ってきています。サイトや次期によってかなり差があるのであまり当てにしないでください。

販売

販売開始年を表示しています。2016年ごろからいろいろなメーカーが販売を始めていますが、2016年販売のものは設計が古いので、手を入れないとプリントの精度が出ないみたいです。

方式

一般的には「Cartesian-XZ-Head」という、二本の柱が立っているタイプが主流ですが、「Delta」と呼ばれるタイプもあります。 「Delta」 は最近あまり製品が出ていないので、一台目にはたぶん適していない気がします。

「H-bot」が箱に入っているタイプで、業務用のはほとんどこのタイプだと思います。骨組みに費用がかかるので、高い価格帯のものしか出ていません。

出力サイズ

150mm四方の物が小型、200mm四方ぐらいで中型、300mm-400mm以上で大型に分類されるのかな?

設置場所次第ですが、220mmぐらいの物が入門機としては主流のようです。

層の高さ

50ミクロンから200ミクロンぐらいまで幅がありますが、スペックはあまり信用してはいけないようです。50ミクロンで印刷できると書いてあっても、印刷できるだけで実用的な精度で印刷できるわけではないようです。。。

同じように速度も最高速度が記述されていても、その速度で実用的な精度で印刷できるわけでもないようです。。。

Feeder

材料のフィラメントを押し出す方式で、ダイレクト型とボーデン型の2種類あります。フィーダーとヒーターが一体化しているのがダイレクト型で、安定した押し出しができますが、ヘッドが重くなります。フィーダーとヒーターを分離しているのがボーデン型で、距離が離れていると押出が不安定になりますが、ヘッドが軽いので高速印字が可能になったり、ヘッドを動かした際の振動が減ります。

どっちがいいのかは微妙なところなので、現時点ではあまり気にしなくてもいいと思います。

Extruder

フィラメントが実際に印刷される場所で、1色しか使えないシングルと、2色使えるミックスがあります。ほとんどの物がシングルなので最初の一台はシングルがいい気がします。

サイズと重量

サイズは出力サイズに反映されて、重さが重いほど安定した印刷ができると思います。

おすすめ機種

Anet A8

DIY 3DプリンターのリファレンスモデルであるReprapを安価にした標準的なモデルです。販売開始は2016年と古いですが、非常に数が売れているモデルのため、情報が探しやすいです。

AliExpressやBanggoodなど外国サイトからだと150ドル前後から購入することができます。ただし2週間前後届くまでに時間がかかるのと、なにかあったときに面倒なのと、それほど値段差が無いのでAmazon.co.jpで購入してもいいかもしれません。

Amazon.co.jpの場合にはAnet純正ではなく、互換品の場合があるのでご注意ください。ただしAnet自体もReprapを元に作っているので、、、

また、この機種はフレームがアクリル板でできているので、剛性が足りません。印刷すると動作で揺れるので、サポートツールを3Dプリントして補強するなどが必要となります。3Dプリンターの仕組みを勉強し、どうすれば印刷精度が上がるのかを実験するのには非常によい機種だと思います。

Creality Ender 3

Anet A8が海外では150ドル前後、Creality Ender 3は200ドル前後で売られています。送料が5000円前後かかることが多いので、こちらもAmazonで購入してもいいのかもしれません。

200ドル以下の製品では一番印刷品質が良いと言われています。そのまま使うのであればこの機種が一番のおすすめだと思います。

CrealityはCRシリーズの評判が非常にいいのですが、最近のモデルは値段が高くなりすぎてしまって手が出にくいです。

Geeetech A10M

Geeetechは安価な商品を昔から提供していたメーカーです。他社と同じようなものを、他社より安く出す方針?

このモデルはEnder 3と同じような構造で、2色のフィラメントが使えるモデルです。Mがないモデルはシングルで、Mがつくとミックスで2色になります。

AとかEがつかないモデルも出していますが、Anetと同じReprap型のモデルで、現在は積極的に販売していない古いモデルなので、避けたほうが無難だと思います。

Anycubic i3 Mega

300ドル以下の製品で一番評判がよいと呼ばれているモデルです。15キロ前後と重い分精度の高い印刷が可能だと思います。

Megaって書いてある割には、出力サイズはそんなに大きくありませんのでご注意ください。

Original Prusa i3 MK3

オリジナルのPrusa i3です。この機種からより安い部品に置き換えたり、必須でない部品を取り外したのがこれまで紹介した機種となります。

MK3と3代目ですが、公式サイトでは古いバージョンからのアップブレードキットが販売されていたりと、最新の仕様で使い続けることが可能です。

ただし、10万円以上するので、DIYではなくて完成品の3Dプリンターも検討したほうがいいのかもしれません。

新製品の傾向

2019年の新製品が徐々に発表されて来ていますが、キューブ型とヒーターの24V化とかで、その他はあまり大きな差はないようです。

キューブ型(H-bot)

完成品は基本箱型ですが、値段を下げるために箱型以外の物が多かったですが、印刷精度をあげるためにはやっぱり箱型の方が有利なようです。

まだそれほど出回っていないので、評価はできませんが今後の流れとしては箱型が増えてくると思います。

これはPrusa i3型の製品のパーツを流用し、HyperCube型と呼ばれる箱型の枠に入れ替える改造が現在流行っているためです。自作している人のブログを見た限り、Prusa i3型の1万円相当の部品を流用し、それに2万円程度の部品を新規購入してHyperCube型に作り変えていました。

ただし、HyperCube型を作るのにも3Dプリンターが必要なので、既存のを組み替えるのであれば3万円で全部作成し、完成してから古い3Dプリンターを知り合いに譲ってもいいのではと思います。

ヒーター24V化

12Vのヒーターを24V化することによって、予熱時間が減るという変更です。他に効果的な改造ポイントが無いので、とりあえず変更して新製品にするって感じでトレンド化している気がします。。。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)