ESP32 1.0.4リリース

概要

新しくリリースされた1.0.4の変更点を確認しました。

変更点

多すぎてよくわかりませんね。

変更点抜粋

気になったものだけ抜き出しています。

BluetoothSerial

結構関数が追加されています。今までESP_SPP_ROLE_SLAVEモードしか対応していなかったのが、ESP_SPP_ROLE_MASTERに対応しています。

マスターモードの詳細がわかりませんが、SerialToSerialBTM.inoというマスターモードで動くスケッチ例が追加されています。

Update development JSON location

開発版のJSONの場所が変わっていますね。

1.0.3 https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_dev_index.json

1.0.4 https://espressif.github.io/arduino-esp32/package_esp32_dev_index.json

中身も違いますね。個人的には安定版しか使わないので問題ありませんが、dl.espressif.comの方が正しい内容に思える。。。

BLEUUID

PRが通りまして、UUIDの桁数がおかしいのがなおりました!

BLERemoteService

こちらもPRが通りまして、getCharacteristicsByHandle()が追加されました。ただgetCharacteristics()で出力しているデバッグログを同じように出力したら、消してと言われたのが謎です。

getCharacteristics()の方のPRはまだ通っていませんが、getCharacteristicsByHandle()の方がシンプルな関数で、同じことが実現できるので取り下げようかな。。。

WiFiScan

static void * getScanInfoByIndex(int i) { return _getScanInfoByIndex(i); }; 

こんなPRも通るんだ!

まとめ

BLEでとりあえずおかしかったものがなおっているので、良かったです。まだまだBLEはおかしなところが多そうですので、安定して動くのは結構先になりそうですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)