Bluetooth小型ポータブルレシートプリンタ「PAPERANG」

概要

上記のプリンタを触ってみました。APIとかは公開されていませんでしたが、Githubにあったライブラリを使って、印刷できました!

PAPERANGとは?

Aliexpressとかでよく売っている、バッテリー内蔵の小型サーマルプリンタです。レシート用紙へ印刷できます。

中国からのは技適が通っていないので、ちょっと手がでなかったのですが、じゃんぱらで安売りしていたのは技適ありの国内版です。

対象の技適は上記です。

値段は安売りされているのと、中国から直接買うので同じぐらいの値段です。技適心配しなくていいので買ってみました。

基本的にはパソコンまたはスマートフォンから印刷します。パソコン向けアプリは

中国語のページにしかありませんでしたが、中身は翻訳されていました。ただセットアップしようとすると、Windowsさんから怒られたので、中身を解凍して直接プログラムを実行してみました。

スマートフォンで印刷するのであれば、AppStoreなどから落としてきて、素直に印刷できます。

外部連携

SDKなどは公開されていないので、オフィシャルアプリ以外からは印刷することができません。

ただし、上記の人が解析したライブラリを公開してくれていました。

ただし、Python2.7でPyBluezなどのBluetoothが利用できるモジュールを入れる必要があります。

この環境作るのにものすごい時間がかかりました。。。

Windows環境で構築するのはおすすめしません。Raspberry Piとかで作ったほうが絶対的に楽だと思います。

サンプルプログラム

from message_process import BtManager

mmj = BtManager()

# Print a pure black image with 300 lines
img = "\xff" * 48 * 300
mmj.sendImageToBt(img)
mmj.disconnect()

実行結果

黒い線がでました!

まとめ

とりあえず動かしてみるところまではできました。たぶん実用レベルにするにはライブラリを全部解析して、Python3系で動くようにして、それから他のプラットフォームに移植かな。。。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

管理者承認後にページに追加されます。公開されたくない相談はその旨本文に記載するかTwitterなどでDM投げてください。またスパム対策として、日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。