M5StickCが届きました

スイッチサイエンスから6/4の夕方に注文して、6/5に発送、6/6に届きました。

外見

ちゃんと技適の番号入っている新パッケージですね。海外のはまだ古いマークなしだと思いますが、そのうち新パッケージに入れ替わるのかな?

海外から購入したほうが安いですが、技適マーク無いバージョンが届く可能性が高いので、現時点ではスイッチサイエンスさんで購入したほうが無難です。

ちなみに、一度箱から出すと元通りに入れるのかなり大変です。。。

起動

最初に入っているプログラムは液晶輝度マックスなので、かなり明るいです。M5と書かれているホームボタンを押すと明るさが変わって、右側のボタンで赤いLEDがついたり消えたりします。

明るさマックスだとすぐにバッテリーが無くなる感じです、、、

Hello world

ArduinoでESP32の開発環境が整っていると、ボードにすでにM5Stick-Cがいるのですが、ライブラリは別に入れる必要があります!

ライブラリマネージャーでM5StickCを入れましょう。上記は0.0.5ですが、オフィシャルのGitHubだともう少し更新されていました。

動きました!

ただ、斜めから見れば大丈夫ですが、真上からだと上が1ドットぐらい隠れているきがします。

ちなみにUSB Type-Cが搭載されていますが、データリンクのできるマグネットケーブルでも転送できました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)