実用的なWindowsが動作するN100搭載ミニPCの選び方

概要

少し前にミニPCを購入してみましたが、どうもライセンス的に微妙なものでした。スペック的にもWindowsを動かすのが厳しいので、実用的なスペックでミニPCを選定してみたいと思います。

選び方のポイント

CPUはN100

とりあえず実用的なスペックとして評判のよいN100を選定しました。N95とか少し安いものもありますが、とりあえずN100で選定します。

メモリは16G

N100のミニPCだと基本的にメモリは増設できないので多めの16Gを選定しました。12Gとかしかないメーカーはここで選定落ちです。

ストレージは500G以上

メモリが16Gの場合には基本的に500G以上のパターンが多かったです。

USB Type-C給電ができるか?

これは微妙なところですが、ACアダプタよりはType-C給電が好みです。

Anker 332 USB-C ハブ (5-in-1) 100W USB PD対応 4K HDMIポート5Gbps 高速データ転送 USB-C/USB-Aポート搭載
Anker
¥2,990(2024/03/03 14:36時点)
5つのポートを1つに:パススルー急速充電が可能なUSB Power Deliveryに対応したUSB-Cポート、4K (30Hz) 対応のHDMIポート、データ転送用USB 3.2 Gen1 対応 (5 Gbps) のUSB-Cポートと2つのUSB-Aポートへの接続が1つのハブで可能になりました。

たとえば、上記のような給電対応のUSB Type-Cハブを使うことでケーブル一本で接続が完了します。Type-Cがない場合でも、ACアダプタが12V3AとかでPSE対応していることをできれば確認したいところです。

技適は。。。

とりあえず何故かパソコンはゆるいので一旦無視します。たぶん取っているモジュールを使ってくれているはず、、、

Windowsライセンス

Windows10 ProのミニPCは非常に怪しいです。Windows11は比較的ライセンスで怪しいのが減った感じですが、Amazonのレビューでライセンスや認証で検索して確認をしましょう。大丈夫な場合でも基本的には英語版が入っているので全部入れ直す気合が必要です。

あと正規ライセンスだけれど、ボリュームライセンス用のOSイメージを使っているのでVLと表示されて、再セットアップでRetailに戻るみたいなメーカーもありますが、再セットアップ前提はちょっと怖いですよね。。。

あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック!
Windowsのライセンスには「フルパッケージ」「OEM」「ボリュームライセンス」の3種類があり、それぞれに利用条件が一部異なる。自分のPCにインストールされたライセンスがどれなのか、確かめる方法を紹介する。

上記の記事でWindowsライセンスの解説がありました。基本的にはOEMを使うはずなのでRetailを使っているはそもそも微妙ですよね???

Webページがあるか?

まず最初はメーカーのWebページがあるかを確認します。今どきあるだろうと思っていても中華系のメーカーではない場合も結構あります。

有名所ですと上記のメーカーがWebページを持っていました。

ドライバーはダウンロードできるか?

Webページがあっても、ドライバーなどがまったくダウンロードできないメーカーもあります。シリアル番号キーを入れないと、どんなファイルがあるかも見えないメーカーもあります。

また、Windowsのセットアップファイルがまるごとあるメーカーもありました。この場合には個別にドライバーを取り出すのが面倒ですし、日本から数ギガのファイルをダウンロードするのは現実的でない速度の場合があります。

注意するポイント

といかくAmazonなどのレビューを確認しましょう。とくにライセンスと認証でトラブっているケースはやめておいたほうがいいと思います。もしレビュー件数が多いのでライセンスも認証もレビュー検索でひっかからない場合にはレビューが操作されている可能性があるので危険です。

あとレビュー件数が少なく、Vine先取りプログラムメンバーのカスタマーレビューばかりの場合にもちょっと怖いです。

おすすめの機種

ありませんでした!

微妙に惜しい機種はあったのですが、情報が足りないのでおすすめできるかが微妙でした。いろいろわかって使うのであれば問題ないかなと思いますが、価格も在庫も結構変わるので選定は難しいと思います。

あとN100の上位というとAMD Ryzen 5が多かったですが、Core i3-N305も増えてきているようです。そろそろN100も減ってきて世代交代なのかもしれないですね。

まとめ

Windowsライセンスを捨てて、Ubuntuとかで使うのであればおすすめできる機種があります。さすがになんなのでN100以外でも探してみました。

HP 285 Pro G8 Microtower PC Ryzen 5 PRO 5650G/16GBメモリ/512GB SSD/Windows 11 Home 価格.com限定モデル 価格比較
■最安価格(税込):59,800円 ■価格.com売れ筋ランキング:1位 ■満足度レビュー:0人 ■クチコミ:15件 (※10月25日時点)

今のところN100以上でメモリ16Gで500G以上のストレージでおすすめできる製品だと上記の6万円の機種になります。

ThinkCentre M75q Tiny Gen2 | 11TC1MTM7G2 | レノボ・ ジャパン
ThinkCentre M75q Tiny Gen2 は、最大AMD Ryzen™ PRO プロセッサー搭載可能な、ビジネス向けの小型1LデスクトップPCです。

少し前に話題になったThinkCentre M75q Tinyも6万円です。これぐらいの価格がたぶん普通のパソコンの下限で、これより安いのは何らかのデメリットも出てくる気がします。

HP 15 Ryzen 5 7530U/16GBメモリ/512GB SSD/フルHD/IPSパネル搭載 価格.com限定モデル [ナチュラルシルバー] 価格比較
■最安価格(税込):64,500円 ■価格.com売れ筋ランキング:1位 ■満足度レビュー:3.92(12人) ■クチコミ:152件 (※10月25日時点)

ただし、あまり変わらない値段でノートパソコンが購入できます。普通の人はこちらのほうが便利な気がします。。。ただこのノートはUSB Type-C経由での給電に対応していないようなのでちょっと使いにくい気がします。

Dell Inspiron 14 Ryzen 5 7530U・16GBメモリ・512GB SSD搭載モデル 価格比較
■最安価格(税込):71,800円 ■価格.com売れ筋ランキング:177位 ■満足度レビュー:4.00(2人) ■クチコミ:7件 (※10月26日時点)

7万円を超えるとUSB PD給電に対応しているようです。さすがにこのへんの価格帯になるといろいろ選択肢がでてくると思います。

コメント

  1. 匿名 より:

    Minisforum UN100CがAmazonでセール中に2.4万でしたので購入しました。
    メモリ16GB/SATA 512GB/1GbEx2/USB-C alt/Windows11 home(OEM)

    Youtube見たりちょっとしたブラウジングくらいなので特に問題はない感じ
    この辺りの性能で3万後半超えてくると2万足してM75q gen2とかの方が遥かに高性能ですね

    • たなかまさゆき より:

      Minisforumは気になっていたのですが、現在N100で16Gモデルは終売しているんですよね
      セールとかを組み合わせて考えないといけないのでN100のお買い得は非常に難しいです
      買うのであれば、その時やすいのを適当にがいいのかなと思います、、、

      • 匿名 より:

        挙げられてるメーカは当初からスペックが変わったり、定価が変わったりと読みづらいですね
        UN100も当初Windows11proだったのが、UN100CでWindows11homeになったり公式販売サイトにはない(UN100のときはあった)16GBモデルがAmazonでセールしたりとよく分からない・・・
        このメジャーメーカじゃない低価格帯は買い時をはかる難易度が高いですね

        • たなかまさゆき より:

          なんとなく安く仕入れた部品を組み合わせて作っている感じなんですよね
          Windowsライセンスもリテールが入っている中古PCから持ってきている気もします
          商品ページもレビューためるために、使いまわしているのでどのスペックに対してのレビューなのかがわからないです