AKITA M5GOBaseLiteとM5Core2BaseLiteを購入

概要

M5Stack(BASIC, GRAY)とM5Stack Core2にGroveポートを追加するベースボードを購入してみましたので、紹介したいと思います。

M5GOBaseLite

M5Stack(BASIC, GRAY)に装着することでGroveポートを増設することができる商品です。ベースボードなのでボトムと呼ばれる一番下に増設するタイプだと思います。

商品はLEDありとLEDなしの2種類あります。M5Stack Fire相当にする場合にはLEDありの方を利用します。今回はポートだけ増設したかったので安いLEDなしと、専用カバーを購入しました。

M5Core2BaseLite

こちらはM5Stack Core2用の拡張ボードです。M5Stack(BASIC, GRAY)とM5Stack Core2で一部バスの配置が変更されているため、M5Stack Core2で利用する場合はこちらを利用しましょう。

こちらの製品には専用ケースが付属しています。

M5Stack Core2は2ミリの六角レンチが必要みたいですね。ボトムにバッテリーがついていますので取り外すか、M5Core2BaseLiteに移植するかを選択します。

私はバッテリーレスでの運用が好きなので、取り外しました。

組み立て例

表から見た図です。3つGroveポートが増設されていますね。新作のM5Core2BaseLiteはカラーコネクタになったのでわかりやすいです。

サイドからです。こちらにはなにもありません。M5Core2BaseLiteは固定用のネジが付属していますが、M5GOBaseLiteには付属していません。なのでマスキングテープで固定しています。。。M3のいろいろな長さのネジは常備しておかないとだめですね。

裏側です。こちらにも3ポートあります。

左サイドです。USB端子ともともとあるPORT Aがこちら側に実装されていますね。

裏からの写真です。左側のM5Core2BaseLiteは本来バッテリーを真ん中に入れて、その上にポート番号などが書かれた紙が入ります。ただGPIO番号などが小さくて読みにくいので今回入れませんでした。

右側のM5GOBaseLiteでは下に2箇所ネジ穴がありますが、普通のだとネジ頭が出っ張るのでもう少し面取りして、皿ネジあたりじゃないとガタつくかもしれません。

ポート

M5GOBaseLite

ポートVCCGNDS1S2
PORT A5VGND21(SDA)22(SCL)
PORT B5VGND2636
PORT C5VGND17(TXD2)16(RXD2)
PORT D5VGND3534
PORT E5VGND135

M5Core2BaseLite

ポート電源GNDS1S2
PORT A5VGND32(SDA)33(SCL)
PORT A’3V3GND32(SDA)33(SCL)
PORT B5VGND2636
PORT C5VGND14(TXD2)13(RXD2)
PORT D5VGND3534
PORT E5VGND1927

PORT A’は3V3が出ているので注意してください。

まとめ

バッテリーレスで開発しているので、純正よりこちらのほうが私にはあっているかもしれません。ただ外部と接続する系の開発はM5StickCを使うのであまり拡張した端子の出番は無いかもしれません、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました