AquesTalk ESP32をかんたんに使う

概要

AquesTalkはかんたんに利用できる、音声合成ソフトです。

上記が公式サイトです。ここに導入方法があるのですが、Arduino IDEの場合には内部ファイルを書き換える必要などがあり、ライブラリのバージョンを頻繁に変える環境では導入しにくいです。

そこで、標準のライブラリ形式を作り、かんたんに導入できるようにしました。

環境

  • Arduino IDE 1.8.10
  • ESP32 1.0.3
  • M5StickC
  • M5StickC用スピーカーHAT

導入方法

上記のサイトからZIPファイルをダウンロードして、ドキュメント以下のArduino/libraries以下に展開したものを置く。

以上!

動作検証

hello_aquestalkというスケッチ例が入っていますので、それを動かすとM5StickCのHATから音声が再生されます。

原理

name=aquestalk
version=2.0.1
author=a-quest <infoaq@a-quest.com>
maintainer=a-quest <infoaq@a-quest.com >
sentence=AquesTalk for ESP32
paragraph=AquesTalk for ESP32
category=Communication
url=https://www.a-quest.com/
architectures=esp32
includes=aquestalk.h
precompiled=true
ldflags=-laquestalk

上記はlibrary.propertiesの中身ですが、下4行ぐらいでスタティックライブラリの指定をしています。

まとめ

ライブラリは勝手に作っているので、できれば公式の人に連絡をして、公式からライブラリを配布してもらいたいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)