M5StickCのFritzingパーツ作成

配線図がそろそろ欲しくなったのですが、Fritzing用のパーツが無かったので作ってみました。

概要

Fritzingは無料で使える回路図エディタで、かんたんにきれいな図を作ることができます。しかしながら一般的なパーツデータは内蔵されていますが、製品データなどは自分で作成するか、誰かが作成したデータを利用する必要があります。

作り方

同じく無料で使えるInkscapeでM5StickCの絵を準備します。私の場合にはすでにエクセルのオートシェイプで描画したデータがあったので、Inkscapeに貼り付けて、サイズを実寸に縮小したものを利用しました。

イチからInkscapeで描画するのは結構たいへんですが、写真をエクセルに貼り付けて、同じようなものをオートシェイプで作るのはそれほど難しくなかったです。

ピン設定

ピンのリンクをする場所を、適当な黒円を作ってピンの場所に設置しました。その後IDをconnector0pinから連番に変更するとFritzingでピンの対応がされました。

データ修正

エクセルで作ったデータには、なにか無駄なオブジェクトが入っているようで、Fritzingに取るこむと、ものすごい大きな四角いオブジェクトがありました。保存したSVGファイルをテキストエディタで開いて、defs以下のオブジェクトをすべて消すとうまく取り込めました。

作成物

上記においておきました。

まとめ

謎のオブジェクトにはちょっとハマりましたが、それ以外は比較的かんたんにつくることができると思います。ただしデザインルールなどは守っていません。あとブレッドボードの画像以外は作っていないので、雛形にしたICのままです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)