その2 品詞のきほん

品詞とは単語の種類である。言語により文法用語や分類が違うため、代表的なもののみ書きたいと思います。

名詞

名詞とは、物や人の名前です。さらに細かく分類されており、英語の場合には以下の分類になります。

普通名詞:猫や棚、山などの、およそ一般的に何と呼ばれているかを表す名詞
集合名詞:クラスや日本人、家族など集合体を表す名詞
固有名詞:富士山など山の中で区別するときに使う名詞
物質名詞:水や金などの素材を表す名詞
抽象名詞:野球や平和など無形のものの概念を表す名詞

日本語の場合、普通名詞と固有名詞の分類だと思いますが、英語では扱いが異なるため、より細かく分類されています。このように日本語の感覚と違う場所が、外国語学習では重要になると思います。

代名詞

代名詞は名詞の中の分類の場合と、独立した品詞の場合がありますが、分類上の違いだけであり本質は同じです。人に対して使う人称代名詞と、人以外の物事や場所、方向を表す指示代名詞があります。

人称代名詞には、話し手、書き手からの関係性により人称と呼ばれるものがあります。

自称(第一人称):話し手、書き手を表し、私などを利用する
対称(第二人称):話し手、書き手の相手を表し、あなたなどを利用する
他称(第三人称):その場に居ない人を表し、あいつや彼、固有名詞などを利用する
不定称:不特定の人を表し、誰などを利用し、疑問で使われることが多い

また、対象との距離により「こそあど」と呼ばれる分類があります。

近称:話し手に近い場合で、この人やこれなどを利用する
中称:聞き手に近い場合で、その人やそれなどを利用する
遠称:どちらからも遠い場合で、あの人やあれなどを利用する
不定称:対象がわからない場合で、どの人やどれなどを利用する

分類上は上記だが、手に届く距離であればこれ、同じ室内などもう少し遠いとそれ、それ以上遠いとあれと、聞き手の場所は関係なく、話し手からの距離で使い分けている人も多いと思います。英語の場合には中称と遠称の区別がなく、話してからの距離に応じて使い分けています。

動詞

動作を表す品詞で、ウ段の音で終わります。歩く、歌うなどです。名詞にうをつけることで、動詞を作ることもあり、グーグルで検索することをググるとなります。

形容詞

名詞を説明する品詞で、いで終わります。赤いや大きいなどです。

副詞

動詞や形容詞を説明する品詞で、さらに状態や程度、陳述の分類があります。

状態の副詞:主に動詞がどのような状態、様子であるかを説明し、「ゆっくり」歩く、「すぐ」食べるなど
程度の副詞:状態や性質の程度を説明し、「とても」やさしい、「かなり」大きいなど
陳述の副詞:受ける言葉に特別な言い方を要求する副詞で、「すこしも」悪いと思わ”ない”など

これ以外にも何個かの品詞がありますが、言語により分類が違うため、ここまでとします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)