記事一覧

ArduinoやESP、mbed、Raspberry Piなどいろいろなマイコンがありますが、おすすめの学習方法をまとめたいと思います。 最初はArduino UNOがおすすめ 世界中で使われているマイコンです。簡単な電子工作と共に使ったり、3Dプリンタの制御などでも利用されています。 特徴としては、あまり高性能ではないですが利用しやすいのと安価で充実した環境が構築できます。 学習セットがおすすめ ...
続きを読む
/ 電子工作
いつかはちゃんとしたのを購入しないといけないなと思って調べました。 電源の種類 PCのUSB端子 ESP32とかの開発時にはパソコンに接続して開発をしています。省電力の場合これで十分ですよね。 ただ、パソコンからの電源の場合には0.5A以上が出なかったり、思ったよりノイズがでていたりするので、パソコンとの接続が必要ない場合には、他の電源を利用したほうがいい場合があります。 USB電源 Raspbe ...
続きを読む
/ 電子工作
電子工作をやっていると、欲しくなるアイテムであるオシロスコープとロジックアナライザについて調べてみた。 スペックについて 基本的には何本の信号線を測定できるのチェンネル数と、どの周波数までを測定できるかで決まる。(あとは内部のメモリ量もたぶん重要) チェンネル数 オシロスコープは通常2で、4もある。それ以上は非常に高いのでホビーユースでは使わない。 ロジックアナライザは通常8で、16もある。車用の ...
続きを読む
/ 電子工作
参考にした資料 LoRaWAN 1.0.3仕様書(英文) https://lora-alliance.org/resource-hub/lorawantm-specification-v103 この資料が一番正しいのですが、流石に読むのが辛いので、他の資料で全体的に調べてからピンポイントで確認する用途に使ったほうがいいです。 本文では引用時に「仕様書」と記述します。 LPWAを牽引する「LoRa」 ...
続きを読む
/ 電子工作
通すことは無いだろうが、気になったので調べてみました。 技適とは? 日本国内で通信をする場合、技適と呼ばれているものが必要になります。正式には「技術基準適合証明」もしくは「工事設計認証」です。 技術基準適合証明とは 無線機材ごとに書面と試験を行い、日本の法律に適合していることを証明する仕組みです。実際には全数チェックではなく、ランダムで抜き出した機材を検査して、全数が合格する必要があります。 主に ...
続きを読む
/ 電子工作
技適を調べていたら、Web-APIを提供していることを知ったので、試してみました。 本家のサイトだと、検索がいまいちイケてないですので、全件データを抜いてきて自由に検索できるようにしました。 作成したサイト https://lang-ship.com/giteki/ 概要 JSONで年度ごとにデータを取得してきて、それをSQLiteにいれました。そのDBを検索して表示しています。負荷を ...
続きを読む
/ 電子工作
ふと発見したので、調べてみた。 AMG8833(8x8) Panasonic製のセンサーで、8x8の簡易的なIR Arrayセンサーです。エアコンなどで人がいる場所を検知するために設計された感じかな? 手の温度も検知できるので、手振りでのジェスチャー入力などにも利用が可能です。反面解像度が8x8の64ドットしかないので、細かいデータは取れません。 上記みたいに本来の解像度は低いですが、がんばってバ ...
続きを読む
/ 電子工作
RFIFカードリーダーモジュール 定番品がいろいろあって、UNOとかのキットにも含まれていたりします。 ただし、これって電波法的にグレーで、たぶん使っちゃだめなやつだと思います。多くのRFIDは技適じゃなくて誘導式読み書き通信設備とかに該当しますので、規定以下の電波強度しか出しちゃだめなはずです。 多くの製品は外国の基準なので、日本の基準を超えているはずです。非接触のアンテナに電力を届けるためには ...
続きを読む
/ 電子工作
自分で組み立てる安価なタイプの3Dプリンターを調べたところ、思ったより情報がまとまっていなかったので、自分でまとめてみました。 有名製品一覧 販売年月日が重要で、新しいものほどおすすめです。ただしAnetなどは同じ型番でちょっとずつ改良しているかもしれませんのでご注意を! 価格 主にAmazon.comの値段を持ってきています。サイトや次期によってかなり差があるのであまり当てにしないでください。 ...
続きを読む
/ 電子工作
ほら、コンプレッサーあると便利でしょ?
空気入れたり、エアブロー使ったり。。。 単にほしいから調べているだけなんだけどね! コンプレッサーでできそうなこと 空気を入れる これは確実にできますね。仏式はちょっと面倒な感じがしますが問題なくできるはず。 チューブレスタイヤのビート上げとかもできちゃうかも? エアブロー 洗車とか下あとに乾かすのが便利そうですよね? エアツール インパクトレンチとかは ...
続きを読む
/ スポーツ
GPS対応のサイコンの一覧を作ってみました。GPS対応でない安いモデルはキャットアイ(CAT EYE)で間違いないですし、それほどどれも値段変わらないと思います。 iGPSPORTは日本だと正規販売していないので、Amazon.comの価格を参考に適当に入力しています。AliExpressで購入するともっと安いと思いますが、他のメーカーが定価表示のため合わせてあります。eBay@ ...
続きを読む
/ スポーツ
ロード用のホイールでチューブレス対応ってどれだっけみたいな場合に使ってみてください。 利用データ がんばってSHIMANOのサイトからデータベース化したものを利用しています。データ自体はそれなりに正しいはずですがリアルタイムでデータ反映はしていないので少し前の情報になっている場合があります。 URL
/ スポーツ
20万以下を調べてみたので、ついでに全部のデータも作りました。とにかくSpecializedが厄介です。モデル数が多すぎです。。。 一番高かったモデルはBIANCHIのOltre XR4 Dura Ace Di2 Discで158万円でした。その他BIANCHIは結構高いものもたくさんありますね。 パワーメーター付きはGIANTとSpecializedだけかな? 対象メーカーは20万円以下のロード ...
続きを読む
/ スポーツ
Arduinoでデータを取得したあとにグラフ化とCSV保存したいことってありますよね? Processingとは? ArduinoはC言語をベースにした開発環境ですが、ProcessingはJava言語をベースにしたWindowsやMacなどのパソコン向け開発環境です。特徴としてグラフィックや音がかんたんに制御可能です。 以下のページが非常にわかりやすいです! https://yoppa.org/ ...
続きを読む
/ 電子工作
ROVEシールド付きのESP32ボードを3枚購入したことで、200ヶ所以上のはんだ付けが必要になったので、ハンダゴテを新調しました。 はんだごての種類と選び方を調べましたので共有したいと思います。 電熱線ヒーター いままで使っていたのがこの方式です。普通のハンダゴテに、便利な小物がついたセットでした。普通に使っている分には問題がないのですが、大量にはんだ付けをしたり、細かいものをはんだ付けするのに ...
続きを読む
/ 電子工作
GROVEシールド付きのESP32ボードがあったので、購入してみました。このボードは日本だと取り扱いがないのかな? そして本当にWemosの商品なのかが怪しいです。。。 テストコード実行中 ボードの特徴 ESP-WROOM-32を使っていますので、技適マークもしっかりついて、使いやすいボードです。I2C経由でのOLEDが実装してあるのでちょっとした表示に使えて便利です。 GROVEシールド GRO ...
続きを読む
/ 電子工作
ESP-WROOM-32を購入して、試してみました。 ESP-WROOM-32とは? Espressif Systems社の製品で、ベースとなるESP32にフラッシュメモリやアンテナなどを追加した製品です。 ESP32とESP-WROOM-32との違い 海外のサイトなどではESP-WROOM-32ではなく、ESP32などで検索したほうがヒットしやすいですが、製品としては別物です。 ESP32はWi ...
続きを読む
/ 電子工作
obnizはArduinoとはちょっと違った考え方の基板ですので紹介したいと思います。 obnizとは? メインチップにESP-WROOM-32を利用したプリスクサイズの小型基板です。小さな画面と、左右と押し込むことで決定ができる入力ボタンが左上についています。 この基板はWi-fiでインターネットに接続することが基本であり、接続すると上記画面のように機材のIDが画面に表示されます。そのIDを使い ...
続きを読む
/ 電子工作
フリスクサイズの基板である、Nefryを購入してみました。現在はより新しいNefry BTが販売されています。たぶんNefryはもう製造されておらず、今後はNefry BTのみの販売だと思います。 Nefryとは? USBに接続するだけで利用することができる基板であり、Wi-fiを搭載しています。Bluetoothは搭載していませんが、Nefry BTはBluetoothが利用できます。 Grov ...
続きを読む
/ 電子工作
電子工作をしていると利用することがあるかもしれないSeeed社の入門です。 Seeed社とは? Seeed社は昔はSeeed Studioという名前であったが、現在はSeeedになっているらしい。ただし通販サイトのURLなどにSeeed Studioだった時代の名残が残っています。 もともと少ロットでのプリント基板製造で有名な会社でして、趣味で作った基板や、サンプル品などを時間はかかりますが、非常 ...
続きを読む
/ 電子工作
スポンサーリンク
Lang-ship
タイトルとURLをコピーしました