記事一覧

概要 M5Stack ATOM EchoにWaveファイルを埋め込んで再生する 前回は小さめのWaveファイルをプログラムのフラッシュに埋め込みました。今回はもう少し大きなファイルを保存できるSPIFFSにmp3ファイルを保存してみたいと思います。 注意点 mp3再生はちょっと間違えると雑音が鳴ります。そしてATOM Echoの初期ロットは音声のアンプに比べてスピーカーが弱 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ATOM Echoにフリー素材のmp3音声を利用して、Waveファイルに変換して、スケッチに埋め込んで再生する手順を解説します。 音素材 効果音ラボさんのデータを利用させていただきました。音声はどんなものでも構いませんが、埋め込む関係でファイルサイズに上限があり ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ESP32のI2Sマイク研究 その1 基礎 前回は基礎的な話をしたので、実際に端末ごとに調整したパラメータを紹介したいと思います。 M5Stack Fire(アナログマイク) #include <M5Stack.h> #include <driver/i2s.h> #define I2S_NUM I2S_NUM_0 #define ADC_INPUT ADC1_GPI ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ESP32でI2S経由でマイクを使う場合のポイントを調べてみました。 I2Sとは? Inter-IC Soundの略で、本当はI2Sと上付きになるはずです。IC間でサウンドデータを通信するための仕様ですが、ESP32の場合にはちょっと違う意味合いがあります。 定期的にデータを送ったり、受け取ったりする動作もI2Sとよんでいますので、サウンド以外のデータも送受信できますし、I2S以外のプロトコ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 スイッチサイエンスから購入したATOM Echoが来たのでちょっと、触ってみたいと思います。 ATOM Echoとは? ATOMシリーズ3つ目のコアです。既存のATOMにマイクとスピーカーを内蔵しています。そのため既存ピンが使えなくなっているので注意が必要です。 外見 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5Stack社のATOMが日本で発売されてから2ヶ月程度経過していますが、初ATOMを入手しましたので、紹介したいと思います。 ATOM 2D/1D Barcode Scanner Kitとは? 日本未発売のバーコードリーダーが搭載され ...
続きを読む
/ 電子工作
現時点の情報です。最新情報はM5StickC非公式日本語リファレンスを確認してみてください。 概要 GitHub上にIRQ通知ができないというIssueが作られ、それに答える形で公式スケッチが追加されましたので、中身を確認したいと思います。 スケッチ例(GitHub) #include "M5StickC.h" static void clear_mpu6880 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 マイク比較 M5StickC、M5Stack Fire、ESP-EYE 前回はなんとなくの波形だけ表示してみました。今回は実際に録音をして波形を確認してみたいと思いますが、まずはどうすれば比較できるかを準備します。 ※実験途中でかなり後半が怪しく、いま動かすとちゃんと動きません。。。以下の記事に確認しなおした情報をまとめていますので、この記事に書いてあることは実験方法以外参 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5Stack Fireを入手したのでLovyanGFXの使い方を試してみます。M5StickCは画面が小さいので問題にならないことが、M5Stackでは考慮する必要があります。 描画用スプライトについて 画面に直接描画すると、描画している途中も表示されチラついて見えます。そのため描画用のスプライトを作成し、一括して描画する方法があります。 それではスプライトを作ってみましょう! #incl ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 マイク搭載ボードが3つあったので、マイクの取得方法とデータの比較をしてみました。簡易調査なのであとで録音してから更に調査したいと思います。 ※ここに書いてあるスケッチは正しくありません。次回作以降で録音データを確認しながらチューニングをしていきます M5Stack Fire はじめてのM5StackはBASICかGRAYにする予定でしたのですが、マイクがほしかったのでFireを買 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 日本で取り扱っていないボードがほしかったのでDigi-Keyで注文してみました。 Digi-Keyとは? アメリカとカナダの間ぐらいにある電子部品のディストリビュータです。ある程度在庫を持っているので、アメリカからですが比較的早く到着することができます。 アカウント登録 これは事前に行っておいたほうがいいと思います。どうやら入力した住所とかをDigi-Keyの人がみて、確認後に修正しているよ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 1.5.3がリリースされたので、差分を調べてみました。変更点が多いので、すべては把握できていません。モジュールの差異のみまずは調べました。 追加モジュール
  • __main__
  • _boot
  • _cloud
  • _deviceCfg
  • _env2
  • _uasyncio
  • _webrepl
  • apa106
  • @18 ...
    続きを読む
/ 電子工作
概要 上記の内容を中心に、実験しながら確認してみました。 スタックとヒープ、スタティックメモリ ESP32はArduino CoreやESP-IDFを使う場合にはFreeRTOS上で動いています。一時的なメモリはタスク作成時に割り当てられたスタックを利用します。 大 ...
続きを読む
/ 電子工作
現時点の情報です。最新情報はM5StickC非公式日本語リファレンスを確認してみてください。 概要 M5StickC(ESP32)による「ELEGOO Arduino用UNO R3スターターキット」を利用したArduino入門 その11 赤外線受信モジュール 前回は赤外線受信でした。今回は「Lesson 14 LCDDisplay」です。LCD1602というディスプレイにな ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ESP32でLINX for LabVIEW入門 その2 GPIO 前回はデジタル入出力と、アナログ入力を行いました。今回はPWM出力を行いたいと思います。ライブラリを最新版にしてから実行するようにしてください。 PWMとは? PWMとはデジタル出力を高速でオン、オフすることで明るさなどを調整するための仕組みです。 上記の場合、8スロットにわけて、2スロット分だけオンをした場合に ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 テクニカルマニュアルを読んでいたら、1ページだけの機能があったので調べてみました。無線アンテナから入ってくるノイズを使った乱数生成で、内部の暗号化などのソースとして使われるものみたいです。 一方、通常ではアドレス定義もされていないので使うことはありません。 テクニカルマニュアルの内容 原文 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ESP32でLINX for LabVIEW入門 その1 環境構築とLチカ 前回は環境構築を行いました。今回は基本的なGPIOを使ったデジタル入出力とアナログ入力を確認したいと思います。 スケッチ #include <M5StickC.h> #include <LinxESP32.h> #include <LinxESP32WifiListener.h> #in ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ESP32の低レベルGPIOアクセス その3 analogRead() 前回アナログ入力の内部調査して、すこし気になるところがあったので、いろいろ設定を変えながら調べてみました。 減衰 ESP32は1.1Vを基準電圧として、12ビットのADCを行っています。そのため減衰器を使って入力電圧を下げてから測定をしています。 減衰減衰率減衰比減衰 ...
続きを読む
/ 電子工作
現時点の情報です。最新情報はM5StickC非公式日本語リファレンスを確認してみてください。 概要 M5StickC(ESP32)による「ELEGOO Arduino用UNO R3スターターキット」を利用したArduino入門 その9 DHT11 温度湿度センサー 前回は温湿度センサーでした。今回はアナログジョイスティックになります。 アナログジョイスティックとは?
/ 電子工作