記事一覧

概要 https://lang-ship.com/blog/work/lovyangfx-10-examples/ 前回は公式ライブラリのスケッチ例を確認してみました。今回は最近サポートされたばかりの電子ペーパーを搭載しているM5Stack CoreInkとM5Paperの使い方を説明したいと思います。 LovyanGFXの限界 LovyanGFXはグラフィックライブラリです。そのため、グラフィッ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 買ってみたシリーズです。明日新製品のM5Stack Core2 for AWSが発売される予定なので、それに同梱されるボトムとの差分を調べてみたいと思います。 商品 現在まだ日本未発売のはずです。比較的最近発売されたので、まだ日本では持っている人は少ないは ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/greenpak-02-osc/ 前回は電源周りとオシレーターでクロック生成について説明しました。今回はコンパレータを使ったアナログ回路について説明したいと思います。 PORとは? POR(Power On Reset)とは、VDDが1.4V以上になって完全に起動した場合にHIGHになります。 PORにプローブを付けた状態で、シ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 ついに購入してしまいました。ユニットの中で一番高いサーマルカメラユニットです。 商品 外見は普通のユニットです。コネクタが赤なのでI2C接続ですね。 -40度から300度まで測定できるとありま ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/grove-beginner-kit-06-light/ 前回は光センサーを説明しました。今回もアナログの音センサーです。 音センサーとは? 端的に言えば環境音の大きさを計測できるマイクです。マイク単体だと小さな音を感知できないので、アンプとセットになっています。 丸っこいのがマイク ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/lovyangfx-10-ext-lcd/ 前回は外部LCDを接続しました。今回はライブラリに同梱されているスケッチ例を確認していきたいと思います。 HowToUse/1_simple_use 一番最初に読むべきスケッチ例です。基礎的な使い方はすべてこの中に書いてあります。たまに読み返すと新しい発見や新機能が追記されていたりしま ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/greenpak-01-lut/ 前回はルックアップテーブルを説明しました。本当はDFFとLATCHもLUTで利用できるのですが、説明が大変なので、単純なロジックから説明していきたいと思います。今回はロジックからは少し離れますが2電源周りの説明とオシレーターを紹介します。 ピン配置 GreenPAKは複数のチップがありますが、I ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 M5Stack社の光センサユニットの紹介です。商品自体はかなり古くからありますが、あまり使われているのをみたことがありません。アナログ系のセンサーは各種実験で使うので1つ持っていると便利だと思います。 商品
/ 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/m5stack-core2-game-03-othello3/ 前回はロジックとデータ構造について説明をしました。今回はサウンド周りを解説してみたいと思います。 ESP32でのサウンド まずは一般的なESP32でのサウンド処理について説明をしてみたいと思います。 PWMでの圧電スピーカー 一番原始的なサウンドは圧電スピーカーだと ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 この記事はSeeedユーザーグループのアドベントカレンダーの7日目です。今年は書かない予定でしたが、なんとなく書いてみました。 Seeed社とは? Grove規格を作った会社で、私が電子工作に入ったきっかけの一つでした。やっぱりはんだ付けとかしなくても使えるセンサーとかって便利ですよ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/greenpak/ 前回購入したGreenPAK(SLG46826)を利用して、かんたんに利用してみました。今回は実際の回路で利用するロジックを学んでいきたいと思います。 また、今回は無料で利用できる設計アプリを利用していますので、チップを持っていない人でも回路の設計とシミュレーションでの動作確認が可能となっています。アプリの入 ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/grove-beginner-kit-05-buzzer/ 前回はアナログ出力で音を鳴らしましたが、今回は光センサーを使って環境光を調べます。 光センサーとは? フォトトランジスタなどを使った照度センサーで、主に人間が見ることができる可視光線のセンサーです。赤外線などの目に見えないものも大きな区分では光センサーになります。自分で ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/m5stack-coreink-1-library/ 前回は標準ライブラリの使い方を中心に説明をしました。今回は他のライブラリを同時に利用して、より便利に描画をしてみたいと思います。 efontライブラリを利用した日本語(多言語)フォント
  • /efont/(電子書体オープンラボ)
上記のフォント ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/lovyangfx-9-time/ 前回は描画速度について説明をしましたが、今回は内蔵LCDではなく外部LCDの接続方法をとりあげたいと思います。 利用機材
  • M5StickC
  • ST7735S
上記の機材を利用して接続させました。 https://lang-ship.com/blog/work/m ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 2022年11月27日にM5Stack社よりM5Paperが発売されたので購入してみました。すこし触ってみたので商品を紹介したいと思います。 商品
/ 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/m5stack-core2-game-02-othello2/ 前回は基本的な描画と、データ構造をやりました。今回は石をひっくり返すという基本的なロジックについて考えてみたいと思います。 言語化 上記の①の場所に黒石を置いた場合のロジックを確認してみます。石を置くためのルールとして、一つ以上の石をひっくり返すことができるというも ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 汎用ロジックを組み合わせた回路をI2C経由で書き換えられるGreenPAKというプログラマブルデバイスを購入してみました。もうちょっと深く触っていきたいと思いますが、まずはデバイスの概要紹介をしたいと思います。 GreenPAKとは? いろいろな製品があるのですが、I2C経由で回路を書き換えることができるデバイス群です。購入したのは何度も書き換えが可能なタイプですが、ほとんどの製品は一度だけ ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/grove-beginner-kit-04-potentiometer/ 前回はポテンションメーターでアナログ入力を使いました。今回はアナログ出力を使ってブザーを鳴らしたいと思います。 ブザーとは? ボードの左上にあるのがブザーです。D5に接続されていますね。ブザー系には2種類あります。 アクティブブザー
/ 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/m5stack-coreink/ 前回はざっくりと商品を紹介しましたが、もうすこし触ってみたので使い方の説明をしていきたいと思います。 描画について 公式ライブラリは独自で作成したもので、描画周りの関数があまり実装されていません。 M5.M5Inkクラス M5Stack CoreInkで採用している電子ペーパーを制御するクラスで ...
続きを読む
/ 電子工作
概要 https://lang-ship.com/blog/work/lovyangfx-8-screenshot/ 前回は全く関係ない画面キャプチャの話題でした。今回はいろいろな描画の時間を計測して、どんな処理になっているのかを確認してきたいと思います。 スケッチ例1(通常描画)
/ 電子工作
タイトルとURLをコピーしました